GAMELIFE365

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GAMELIFE 365

まいにちコントローラーを握りたいゲーマーのプレイログ

【プラチナ】Virginia

トロフィー トロフィー@PS4

通算117個目のプラチナトロフィー。

現時点では日本未発売のタイトル。
特徴的なアートワークやミステリアスな雰囲気から興味を持った折、タイミング良く北米ストアのブラックフライデーセールにて7ドル未満で売られていたので、喜んで購入。

プラチナトロフィー獲得には2周する必要はあるものの、じっくりと進めても1周あたり2〜3時間程度あればクリアできるため、所要時間は少ない。

詳しい攻略は『PS4ちゃんねる Pro』さんをご参照のこと。

www.ps4pro.jp

なお、「ドアム」のトロフィーについては、1周目をクリアした後 はじめから か チャプターセレクトの1章 を選び、最後まで通しで2周目をクリアすることが取得条件らしい。2周目の途中でチャプターセレクトで前の章に戻ったり、次の章をスキップしたりしてしまうと1周目からやり直しの模様。

Virginia ~ Trophy Guide & Roadmap - PlaystationTrophies.org


簡易レビュー

海外版でも日本語を含む10言語以上に対応しているが、そもそも本作品にセリフや音声は無く、キャラクターの表情や仕草から意図を汲み取りながらストーリーを追っていく。
それに加え、シーンの切り替わりや非現実的な描写が唐突に行われるため、1周しただけではストーリーを把握しづらい演出となっている。

ゲーム内テキストはごく稀に捜査資料や印刷物を読める程度で、カーソルを合わせるとメニューで設定した言語で翻訳された文章がポップアップされる。資料に目を通し、登場人物の背景を理解するのに役立つことはあれど、ストーリー展開に関わる部分が文章で説明されることはない。

ゲームと呼べるほどプレイヤーが介入できる要素が極端に少ないため、作品として評価の難しい面はある。しかし、主人公含め誰ひとり言葉を発しない静かな世界観と傍観的にはならない一人称視点のおかげで、不思議と没入感は高い。

また、低価格なインディータイトルとは思えないほどBGMが美しくリッチで、セリフの無い物語の中で圧倒的な存在感を誇っており、怒涛の勢いで繰り広げられるラストシーンの迫力は思わず息をのんでしまうほど。魅力的なサウンドが彩るゲーム作品は数多くあれど、本作の音楽は昨今プレイしたタイトルの中でも最も ”映画的” と呼べるかもしれない。

肝心のストーリー解釈については意見が別れるところだが、下記ブログ様の考察が私がぼんやりと感じたことを分かりやすくまとめてくださっていた。こちらを読んだ後で2周目を始めところ、シーンのつながりが見え、よりはっきりした物語を鑑賞することができた。

subcultureplus.blogspot.jp


※発売時の海外ゲームメディアのレビュー
Choke Point | 『Virginia』海外レビュー

4Gamerの紹介記事。作品の概要や雰囲気を知れる。
www.4gamer.net


なお、欠点として海外メディアレビューでも指摘しているところがある通り、フレームレートの落ち込みを感じる場面が多々ある。
それと、カメラの感度もアナログスティックの入力に対して若干遅れているような違和感があり、フレームレートの低下と合わせて全体的にガクガクしている印象。普段から一人称視点のゲームに慣れ親しんでいる方でも、ちょっと気分が悪くなるかも。

【トロコン】Expansion Ⅱ: Survival(Division)

ディビジョン トロフィー トロフィー@PS4

『ディビジョン』第2弾DLC「サバイバル」の追加トロフィーをコンプリート。
第1弾DLCアンダーグラウンド」では、コンテンツの単調さも手伝って地下レベルを40に上げるのはなかなかの苦行だったが、今回の「サバイバル」はプレイ自体がとても面白く、楽しんでいる内にすべてのトロフィーを集めることができた。


※慣れてきたのか、スコア10,000点を超えることもしばしば。

以下、各トロフィーについて。


■ ブロンズ ● シルバー

■ 天性のサバイバー

【サバイバルモードで生き残り、脱出に成功する】

抗ウィルス剤を取得しなくとも、フレアガンをクラフトしなくとも、他のエージェントが呼んだヘリに乗り合わせることで脱出は可能。ヘリが着陸して離陸待機中(30秒)の間であれば追加のハンターは出現しないので、タイミングを見計らって回収エリアへ行けばちゃっかりと帰還できる。

■ 商売道具

【サバイバルモードでウイルスフィルターとフレアガンをクラフトする】

フレアガンの作成には貴重なディビジョンテックが1個必要になるが、抗ウィルス剤の入った箱から必ず1個入手できる。抗ウィルス剤の箱はエージェントによって場所が異なり、自分の分しか取れない仕様なので、他のエージェントに奪われる心配は無い。

むしろ、ディビジョンテックとともに必要となる最上級の武器パーツを確保する方が大変で、DZ内ではもちろん、DZ外の時でも武器パーツの入ったバッグを見つけたら欠かさず拾っておくことを推奨。(武器パーツは警察車両の付近にあることが多い)

なお、死亡したエージェントの遺品からフレアガンを入手した場合、本トロフィーが解除されるのかどうかは未検証。

● サブゼロ・ヒーロー

【-22°C/-7°Fを耐えられる服装を手に入れる】

自分がどれだけの気温に耐えられるかは、外観のタブから確認できる。-22℃となると拾える服だけでは十分でないため、最上級の布を使って衣服をクラフトする必要がある。

● 生存本能

【サバイバルモードでマスターランクを達成する】

終了時のスコアが10,000点を越えればマスターランクとなる。
詳しくは先日の記事をご参照のこと。

mygamelife.hatenablog.jp

<小ネタ>
ヘリに乗り込む直前に喉の渇きと空腹を満たすことで合計1,000点もらえる。
モタモタして乗り遅れないように注意(笑)

● 備蓄家

バイバルモードのダークゾーンでアイテムを100個回収する

恐らく一番時間がかかるであろうトロフィー。アイテムとはDZ内で拾える密封キャッシュ(武器、装備、MOD、サバイバルキャッシュ)のことで、ヘリで脱出に成功しないと回収したことにならない。

また、1回のプレイで所持できる最大数は6個までであり、100個回収するとなると最低でも17回(6×17=102)のクリアが必要となる。クリアするだけであれば抗ウィルス剤の入手は関係無く、DZへ入ったら適当にキャッシュを集め、フレアガンとハンターを倒せる武器を作って早々に帰還しても良い。



<余談1>
これまで多数のディビジョンエージェントを ”狩り” 、そのエージェントの象徴とも言えるSHDテックを、あたかも勲章のように身に付けるハンター。最近では装備を万全にしてからハンター戦に臨むので負けることは無いが、電波障害とともにプレイヤー操作の如く洗練された動きで接近してくる姿には他のモブ敵には無い威圧感がある。

DLC第1弾「アンダーグラウンド」では、収集アイテムとして多数の音声ログが追加され、ニューヨークの地下にうごめく恐怖と闇を住民の視点等で垣間見ることができたが、「サバイバル」ではそうした要素は何もなし。せっかくハンターの存在感が良い味を出しているので、ハンター誕生の背景や犠牲となったエージェントの最期などを知ることができたら良かったのにな。

というか、「サバイバル」におけるPvPモードは、グループが野良を蹂躙するDZの延長ではなく、ハンター数名をプレイヤーが操作し、エージェントを ”狩る” 仕様にすれば面白かったのでは?(同社の『スプリンター・セル』のスパイvs傭兵のような感じで)


<余談2>
唐突に襲ってくるお馴染みのエラー切断。
長時間のプレイを余儀なくされる上、途中で失敗すると報酬がほとんど無くなるサバイバルにおいては、ある意味ハンターより恐ろしい敵。

【トロコン】ライズ オブ ザ トゥームレイダー DLC5種

トロフィー トロフィー@PS4

同時収録されていたDLC「エンジュランス」「バーバ・ヤーガ」「冷酷な闇」「クロフト邸」「エンジュランス協力」を、ようやく全てコンプリート。
それぞれのDLCは3〜4時間でコンプリートできるものの、本編と併せて総トロフィー数125個というのはかなりのボリューム。

なお、唯一のマルチプレイco-op)である「エンジュランス協力」については、フレンド募集掲示板に書き込んだところ、運良くトロフィー取得に協力してくれる方が見つかり、VCを使いながらスムーズに進めることができた。
野良での取得も出来なくはないだろうが、設定してあるチャレンジを意識して行動してくれるパートナーと組めるかどうかが問題。

以下、各DLCの感想を少し。


「エンジュランス」

本編には無かった寒さや飢えといった要素が加わり、リアル感が増している。朝から昼にかけての明るい時間に物資の調達や探索を済ませ、クマなどの猛獣類が襲ってくる夜間は暖を取りながら安全な場所で過ごすといったメリハリのあるゲームプレイが面白い。前作から生まれ変わった『トゥームレイダー』の方向性として、本編でもこうしたサバイバル要素を取り入れるのは悪くないと感じる。

ただ、本モードではマップを参照できず、方角すら分からないというのは、プレイヤーにとって不自由過ぎるように思える。ゲーム開始時はマップ未表示にせよ、踏破するごとに地図が出来上がっていくような仕様であれば、探索もより楽しいものになったのではないか。

「バーバ・ヤーガ」

ストーリーDLCであり、ちょっとしたオカルティックな冒険を楽しめる。途中までシリアスな展開かと思いきや、本編同様にぶっ飛んだ展開が待ち受けており、やっぱりそこは『トゥームレイダー』。本編のストーリーを進める際に通過するエリアにミッション開始ポイントがあるため、DLCだと気づかずに進行させてしまった方もいるはず。(私もその一人)

「冷酷な闇」

無限に湧いてくるゾンビのような感染者を倒しながら、パズルを解いて脱出を図るという内容。「バーバ・ヤーガ」で登場したNPCであるナディアが(声だけ)再登場し、彼女のアドバイスに従ってパズルを解いていくスタイルは新鮮な感じ。
無線を通してのララとナディアのやり取りもクスッと笑えて、タイトル通りおぞましい環境にいるはずなのに、恐怖感はまったくない(笑)

それと、倒しても倒しても敵が出てくるため、ひたすら戦闘を楽しめるコンテンツでもあるが、激しいゴア表現がある訳でもなく、敵の行動パターンも単調なため、爽快感や戦略性は無いに等しい。

「クロフト邸」

邸を探索して、遺物を見ながらララの過去や父母との思い出を振り返るノスタルジックなコンテンツ。正直なところ、本編クリア後の特典としてアンロックされるボーナス要素くらいで十分な価値。とってつけたような “ナイトメア” モードも面白くない。

「エンジュランス協力」

残念な完成度だった前作の対人マルチプレイ同様に ”とりあえずマルチプレイを付けました” 感溢れるモード。まだ対戦よりかは協力プレイの方が本作の雰囲気には合っているとはいえ、ソロの「エンジュランス」とやることは変わらず、特別なプログレッションがあるわけでもないのでリプレイ性も低い。
プレイ中はお互いに単独行動していても特に支障はなく、協力要素としたらダウンした味方を蘇生できたり、資源や食料を入手する際に共有(同時入手)できたりするくらい。

せめて、自分の画面のララがパートナー画面ではナディアやソフィアに変わるくらいの計らいがあれば良かったのに。ララが2人並んでいる絵面はなんだか奇妙。

【プラチナ】Rise of the Tomb Raider

トロフィー トロフィー@PS4

通算116個目のプラチナトロフィー。

ストーリークリア後にトロフィーwikiを参照したところ、「隅から隅まで」の獲得過程で「みんなの味方」と「飽くなき挑戦」を取得できない不具合があるとのことで不安だったものの、すべて無事に取得できた。本編進行上の些細なバグはともかく、こういった発生条件不明のトロフィーバグは勘弁していただきたいもの。

プラチナ獲得までで壁となるのは、スコアアタックの全チャプターをゴールドスコアでクリアすること。コンボを維持するコツを掴めば難しくはないが、スコアアイテムの配置が分からない初見で達成することは困難なため、リトライは必要。


以下、ゴールドスコア獲得のポイント。

  • 初めてスコアアタックするチャプターでは、先ずは青い炎やランタン、レリック等の収集アイテムの場所を把握しながら、ギミックの解法とチャプター終了地点を確認する。
  • カードセットはランキング上位者のプレイヤーから借りる(2,000クレジット程度必要)。スコア倍率を上げるために<グリップ>などの通常とは異なる操作を強いるカードを組み込んでいるプレイヤーもいるため、やり辛いと感じたら多少倍率を落としてもそれらを含んでいない他のセットを使う。
  • カード倍率は(表示の倍率+100%)であり、+300%の表示であれば実際に乗算される倍率は400%(4倍)となる。なので、ゴールドスコア基準が100,000だとすれば、道中で25,000以上獲得した上でクリアすればよい。
  • ギミック操作中でもコンボカウンターが止まらない場合もあるため、ギミック付近の青い炎やランタンを残しておくなどして、コンボが途切れないようにする。


さて、まだまだ収録済みのDLCが5本も残っているので、本作100%コンプリートへの道は続く。【エンジュランス協力】でマッチングするくらいオンラインプレイヤーがいるのかどうかだけが心配。

【トロコン】バイオショック インフィニット DLC3種(バイオショック コレクション)

トロフィー トロフィー@PS4

本編に続き、PS3版では未プレイだったDLC3種をコンプリート。

mygamelife.hatenablog.jp

インフィニット本編を補完、および、『バイオショック』の物語を完結させる「ベリアル・アット・シー」は遊び応えがあり満足したが、戦闘に特化した「クラッシュ・イン・クラウド」は配信当時の安価な値段設定とはいえ、あまり楽しいものではなかった。

トロフィーの取得率やPSNPのプレイヤー数から見ても、後者と比較すると前者の取得率(プレイ率)が圧倒的に高いので、やはり本編プレイ後も『バイオショック』ならではのストーリーだけは味わいたいと思うユーザーが多いのかもしれない。

トロフィーに関しては、下記サイトを参考にした。

以下、各DLC雑感。

クラッシュ・イン・クラウド

短時間でサクッと遊べるかと思いきや、各マップにつき15ウェーブあるチャレンジは中断した場合は最初からとなり、任意のウェーブからリトライすることもできない。敵AIの行動パターンも不安定なところがあり、チャレンジ指定のアクションを狙おうとするとやたら時間のかかることも。そのため、トロフィー的には「ブルーリボン・チャンピオン」が鬼門。

オーディションや収録風景などの製作舞台裏やコンセプトアート等の資料が見られる、眺めていて楽しいミュージアムの存在が救い。

ベリアル・アット・シー EPISODE 1

プレイ時間は1〜2時間程度と短いながら、再び狂気じみたラプチャーを訪れることができるのは嬉しい。中でも、サンダー・コーエン大先生の創作意欲が爆発している様はファンなら必見で、前衛的な映像作品が見られるキネトスコープはぜひ覗いておくべき。
ラストには「彼」とのバトルが、インフィニット仕様で待ち受けているのも熱い。

ストーリーとしては、EP1はラプチャーを舞台としたインフィニットの物語でありつつも、ラプチャーがただのファンサービス的な舞台装置ではなく、続くEP2で描かれる初作に繋がる『バイオショック』サーガの衝撃的な導入となっている。

トロフィーは簡単。

ベリアル・アット・シー EPISODE 2

インフィニット本編がブッカーの物語を締めくくるものだとすれば、本エピソードはエリザベスの物語を見届けるものと言える。同時に、『バイオショック』シリーズの完結編でもあり、いかにして初作の背景が作り上げられたかが判明する。初作ではオーディオログだけで語られた重要なシーンも実際に目にすることができ、プレイヤーに強い印象を与えた ” 恐縮だが ” の言葉の存在もより明確となる。1本のDLCであり、時間にして2〜3時間程度ながら、中身が非常に濃く、本コレクションの一番最後にプレイするコンテンツとしてとても感慨深かった。
(ただ、今作を遊ぶユーザーは大抵『1』をプレイ済みであろうが、冒頭で見られるダイジェスト映像はあっさりすぎて理解の助けにはなっていないような(笑))

ゲームプレイでは、『Thief』をモチーフとしたステルスアクションが新鮮で面白く、” 劣化した ” 非力なエリザベスをプレイヤーとした本エピソードと上手くマッチしており、初作をプレイした時に感じたスプライサー達に対する恐怖を久しぶりに思い出した。こうした実験的な試みを用いるのは、DLCならではの良さだと思う。

それと、今作の日本語吹き替えでエリザベスを沢城みゆきさんが演じたのは適役だと感じた。本編はもとより、本エピソードのクールなエリザベスがとてもハマっている。本編から流用されているピッキング時の声を聞くと、同じキャラクターでも演じ分けられているのがよく分かる(笑)

最後に、トロフィーについて。「贖罪中毒」は装備している弾薬がフルだとカウントされない点に注意。弾を受け止める際は、所持弾数の減っている武器を装備しておくこと。