読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GAMELIFE 365

まいにちコントローラーを握りたいゲーマーのプレイログ

【購入】バイオハザード7 レジデント イービル(グロテスクver.)

遊んでます 買いました

ホラーゲームの購入は『サイコブレイク』以来、カプコンの作品を購入したのは同シリーズで4年前に発売された『BIOHAZARD REVELATIONS Unveiled Edition』以来のこと。

『P.T.』が開発中止となり、唯一と言ってもいい国産AAAホラーゲームとして、そして、シリーズを一新させるべく流行りの一人称視点へと変貌したチャレンジングな作品として、昨年のE3での電撃発表から発売を楽しみにしていた。

製品版初プレイの恐怖感をより味わうために、敢えて体験版は一番初めのバージョンしか触らなかった。実際にプレイしてみると、近年ではほぼアクションゲームとして化していたシリーズとは全く異なる空気感と演出にビクビクしてしまい、VRでなくとも十分怖い。

キャラクター描写もエンジンのおかげか写実的で迫真性があるし、日本人にも受けそうなモデリングもグッド。ゲームキャラクターとして実写に寄せるほどバタ臭くなく、アニメに寄せるほど非現実的でもない造形の上手さは、やはり日本のゲーム会社の強みだと感じる。

で、早速死亡。

というか、意外にも序盤から激しいゴア表現にビックリ(「グロテスクver.」のおかげ?)。『Dead Space』や『OUTLAST』を経験しているプレイヤーであれば動じないかもしれないが、あまり下調べをせずに「バイオ新作だから」という理由で購入するユーザーにとっては衝撃を受けそう。

日本版『サイコブレイク』のゴアモードが肩透かしだったのに比べれば、今作はCERO表現規制の監視の下、結構頑張っているのかも!?

最後に、邸の探索を始めたばかりのところで見覚えのある名前が…。
ストーリーのどこかで過去作との繋がりも明らかになるのかしら?


ということで、クリアしたらまた感想を書く予定。

【購入】Rise of the Tomb Raider

買いました

PSVRの発売に湧く中、こちらを購入。
シリーズをリブートさせた前作も面白かったので、今作がXBOXの時限独占だと発表された時は残念だったが、ようやくPSでも遊べることが出来て嬉しい。シリーズ誕生から20周年という節目に合わせて、完全版とも言えるコンテンツてんこ盛り(配信済全DLC+α)でのリリースであり、海外レビューでの高評価通り待った分だけの価値はありそう。

Choke Point | 『Rise of the Tomb Raider: 20 Year Celebration』海外レビュー

早速、序盤をちょろっとプレイ。
前作はララ・クロフトの初めての冒険という位置付けだったので、キャラクターの表情や性格に不安や迷いが感じられたが、今作では随分と逞しくなっている印象。それでも、かつてのシンボリックなララのような余裕は未だ無く、今作含めて更に成長していくのだろうか。

オプションで話者に合わせて字幕の色を変えてくれるので、誰が話しているかわかりやすい。今作でも英語音声・日本語字幕でプレイしているので、こうした配慮は有難い。

序盤からちょくちょくQTEが挿入されるが、入力タイミングやコマンドはやさしめなので、そこまでイライラすることはなさそうな感じ。

相変わらずのタンクトップ姿で生傷が絶えない姿を見るのは痛々しいけれど、アンチャとは異なるテイストのアクションアドベンチャーとしてまったり楽しんでいきたいと思う。
やり込み要素は豊富なので、トロフィーコンプリートにも結構時間がかかるかな?

【購入】FPSの祖、新生『DOOM』プレイ開始!

買いました 遊んでます

アンチャ4が一段落したらプレイ開始しようと思っていたら、購入から1ヶ月近く経過してしまった。本作が初DOOM、初アリーナ系FPS

序盤を遊んでみたところ、60fpsでヌルヌル動く。敵(デーモン)はマップを飛び回って攻撃してくるため、プレイヤーはそれを避けつつ弾をバラまく感じ。これまでプレイしたFPSの中でも一番のスピード感であり、慣れ親しんだジャンルながら新鮮な操作感で面白い。

海外版と同じ表現仕様(規制なし)とのことで、デーモンの四肢をもぎ取るグローリーキルや道中の死体はゴア表現キツめ。ただ、こうした表現が本作らしさのひとつとも言えるので、中途半端な規制を入れなかった販売元には賛辞を送る。

開幕目前のE3の発表内容にもよるが、秋口まで目立った購入予定は無いので、サクッと本作を楽しみつつ、しばらくは買いっぱなしになっているいくつかの大型タイトル(『Fallout4』『DarkSouls3』等々)を消化していきたいところ…。

【購入】DUALSHOCK4 充電スタンド

レビュー 買いました

以下の理由から充電スタンドを購入。

  1. コントローラが2つある。
  2. 充電用のケーブルが本体のUSBポートを1つ専有している。
  3. 充電の度にケーブルをつなぐのが面倒。

DUALSHOCK 4 充電スタンド

サードパーティの製品とどちらにしようか悩んだけれど、純正品の割には値段が良心的だし、レビューの評価も高いので、PSブランドを信頼して購入。
実際に届いてみると、適度な重量感と底面のグリップのおかげで安定感のある作り。

充電方法はアナログスティック下の端子(イヤホン端子があるところ)に挿し込むカタチ。見た目的にすっきりしていて大変よろしいが、シリコンカバー等でコントローラ全体を覆って厚みがある場合は深く挿さらずに充電できないので注意。
本体経由の時と同様、充電中はライトバーがオレンジに点灯し、完了すると消灯する。

最近は休日中のプレイ時間は長くとも、ちょこちょこ中断(充電)しながらプレイしているので充電が切れるほどぶっ通しでプレイすることはあまり無いながら、いざという時にスペアのコントローラへ持ち替えられるっていうのは安心感があっていいな。

もっと早く買っておけばよかった(笑)

PS4のHDDを換装してみる

その他 買いました

最近はディスクの入れ替えやパッケージの物理的管理の煩わしさから、長く遊ぶであろうタイトルはDL版を購入しているため、本体ストレージ容量(純正500GB)の空きが心もとなくなってきた。今春以降もいくつかDL版を購入する予定のタイトルがあるので、これを機にHDDを換装することに。

mygamelife.hatenablog.jp

※過去にPS3SSDへ換装したときの記事


で、以下の理由からこちらのHDDを購入。
(最寄りのPCショップではネット相場よりも5,000円ほど高く、おとなしく通販でポチり)

  • PS3と違い、大容量のメモリを積んだPS4ではSSDSSHDのメリットは低いらしく、それであればと純粋に値段・容量重視でHDDを選択。
  • 2TBと1TBで悩んだが、ソフト購入の周期から考えても1TBあれば何とかやりくりできるだろうとのことで1TBに決定。

換装は下記記事のとおり、とても簡単。
ただ、購入済みのタイトルを再インストールするのは時間的に大変…。
www.4gamer.net

換装後のストレージ容量。
HDDの仕様やPS4のシステム領域の兼ね合いもあり、実際は860GBほど。

各タイトルのセーブデータはPS+のオンラインストレージからダウンロード。アプリケーションのデータ(ゲームデータ)がインストールされていないと、本体へはダウンロードできない模様。

Logitec USB 2.0ポータブルハードディスクケース LHR-PBGU2

Logitec USB 2.0ポータブルハードディスクケース LHR-PBGU2

それと、取り出した500GBのHDDは外付けとして利用することに。外部ストレージとして使うためにはFat32形式でフォーマットしなければならないので、HDD内に残しておきたいスクリーンショットやビデオクリップがある場合は換装前にコピーしておく。


さて、これでしばらくは心置きなくゲームが買えるかな(笑)