GAMELIFE365

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GAMELIFE 365

365日コントローラーを握りたい社会人ゲーマーのプレイログ

【Destiny】2年目「勝利の瞬間」達成&限定エンブレムゲット

遊んでます 遊んでます-Destiny

来る9月の大型拡張『鉄の章』に備えて、今年もゲーム内の様々なアクティビティの達成を目指す「勝利の瞬間」が7月7日“Bungieの日”に合わせて実装。と同時に、達成。

今なおプレイし続け、3年目の開幕を待ち望むコアなガーディアンなら、きっと既に達成済みのものばかりのはず。もし、まだの方でも残り期間は2ヶ月以上あるので、コミュニティやモジパ等で同志を募れば十分間に合う。

で、「勝利の瞬間」達成者限定Tシャツはいらないけれど、来週までにBungieストアで何かしら購入したユーザーへの特典である限定エンブレムは欲しかったので、買いそびれていたサントラ1枚目のデジタル版を購入。

Destiny Original Soundtrack Digital Editionbungiestore.com

現在、本サントラは日本アマゾンではデジタル版が1,500円、iTunesでは1,350円で販売中であり、大幅に安い7ドルで買えたのは嬉しい。

Destiny Original Soundtrack

Destiny Original Soundtrack

mygamelife.hatenablog.jp

なお、昨年TTKのサントラを購入した際は購入後すぐにDL先の案内が来たものの、今回は時差の関係か特典の影響でストアが混み合っているのか、案内が来たのは日を跨いでから。案内に記されていたコードを公式サイトで入力し、無事にエンブレムをゲット。
(ゲーム内での入手はタワーのキオスク端末から)

7月14日までの期間限定特典「7-7 無限」。

一緒に「浮世」も入手。このエンブレムを日本ロビーでは滅多に見かけなかったのは、Bungieストアのサントラデジタル版の購入特典だったからか。


さて、ようやく来週には日本でも『鉄の章』の予約がはじまるので、新情報を楽しみにしながら9月まで細々と準備を続けようかしらね。

【Destiny】大盛況のマロックファーミングへ参加

遊んでます 遊んでます-Destiny

先週のバランス調整パッチによって、PvEにおけるハンター・ガンスリガーのゴールデンガンが大幅に強化されたことと、NFがソーラーバーン付きの「クロタの意思」へ変更されたことで、本ストライク限定のユニークドロップ武器である「マロックの支配(Grasp of Malok)」ファーミングが世界的に大盛況。

(※NFで選ばれたストライクでは、ユニーク装備のドロップ率が上がる。)

ということで、洞穴に向かって数多のガーディアンが銃を構えていた最初期のファーミング法・通称「地球穴」を懐かしみながら今回の“お祭り”へ参加。

正確なオムニガル討伐数は計測していないながら、1回あたり約2分と考えて累計6時間程度狩ったため、200回ほどのドロップだったかと。体感的に、3回に1回は上述の「マロックの支配」もしくは同じくユニーク防具である「オムニガルのバンド(ウォーロック用)」がドロップしていたので、いつの間にか保管庫の1ページ分がそれぞれ埋まる。

ユニーク装備自体のドロップも嬉しいが、レイドやアリーナ等でも入手機会の限られる光335のメインウェポンが大量に手に入ったのは有り難い。

で、求めていたCB・PBが見やすいダットサイト付で1本だけドロップしてくれたので、今回のファーミングは終了。あわよくば、3列目が狂乱索餌か第三の目であれば最高だったのだが、いい加減「オムニガル!倒せ!」の掛け声も聞き飽きたので、これで良しとする。

なお、今回の“バラまき”で近々「マロックの支配」の弱体化が行われるのではないかというファンの危惧はあるものの、こうしたユーザー同士が合致した意図を持ってひたすら作業的プレイをするというのもある意味『Destiny』の楽しみとも言えるから、個人的には弱体化云々は然程気にしてないかな(笑)

また来週以降も何か話題になる“イベント”があればいいな!


<余談>

エキゾチックエングラムが同時に2個ドロップしたという報告はwiki等への書き込みでこれまで何度か目にしていたが、先日金星をパトロール中に倒した宿られウルトラからまさかの2個ドロップを体験。最初はルーンの見間違えかと思って近づいたところ、見事に両方エキゾチックエングラム。

ただ、解析したらどちらも光334で喜びは半減したけど…。

【Destiny】「4月の更新」レビュー&次期大型DLCのウワサについて

遊んでます 遊んでます-Destiny

「4月の更新」配信から1ヶ月が経ち、3キャラとも光335へ到達しつつ大分装備も整ってきたので、ここらで今回の更新についてさらっと振り返ってみる。

良かった点
  • 装備の光値を上げる融合のシステムが見直され、これまでよりも簡単に光値を上げることができるようになった。また、主要なエンドコンテンツであるレイドへ参加せずとも現在の上限である335へ到達できるようにバランスを緩和したのは、ソロプレイを好むユーザーにとってもフレンドリーなバランス。本更新まではドロップの渋さや融合システムの制限のせいで、お気に入りの装備を拡充する余裕が無かったので、本更新のおかげでハクスラの楽しみである“厳選”に専念できるようになったのは嬉しい改善。
  • バンガード・クルーシブル・各ファクションの評価経験値増や保管庫拡張、ゴースト表示バグの修正など、細かい点でこれまでよりもかなり遊びやすくなった。レイド報酬とクルーシブルでのマッチ後ドロップも明らかに上昇しており、装備やアイテムの収集が大きな楽しみである本作においては、こうした緩和は大歓迎。
  • PvPの武器バランスは良い方向に向かっているように感じられる。TTK実装後はハンドキャノンやフュージョンライフルが存在感を失っていたが、(HC・FRの上昇修正含む)度々のパッチの結果、プライマリ・特殊ともに多様な武器を見かけられるようになって面白い。ただ、一時の猛威の反動で大分弱体化されたパルスライフルの再調整は希望する。
  • 追加されたエルダーの挑戦(エルダーズプリズン)は中身としては薄いものの、HoWで実装された時よりも冗長さが無くなり、手軽に周回ができるようになった。週毎に変化する戦闘条件の組み合わせが上手くハマるとほんの数分でマラソンできるようになるのも、ハクスラといった側面から見れば有り難い点(笑)
改善してほしい点
  • バウンティ枠の増加。バンガードやクルーシブルだけでなく、アイアンバナー、オシリス、アリーナ等各所でバウンティが提示されるので、TTK時に拡張された16枠でも現状足りなくなってきている。オービット上で報告できるようになったとはいえ、受ける際には当該NPCへ会いにいかなければならないため、受注枠を増やしてその手間を省きたい。
  • シルバーの販売。これは日本だけの問題だが、次々と追加される感情表現やガチャ要素を指をくわえて見ているしか無い日本のガーディアンは生殺し状態。現在まで何の進展も伺えない以上、来年の『Destiny2』までこの状況は続きそう。いっそのこと、明確な理由を提示して販売が不可であることをアナウンスしてくれた方が双方のためだと思うのだが。


<追記>

「4月の更新」で実装されてから全く手に入らなかった禅の流星を本日のレイド(翼廊宝箱)とナイトフォールで立て続けにゲット。最近はあまりに出ないため諦めかけていたが、まさか同日に2本取得できるとは。物欲センサー恐るべし…。

まとめ

公式も本更新のおかげでコミュニティが再活性化していると話していたように、長くプレイしているユーザーにとっても、復帰したプレイヤーにとっても意味のあるものだったと思う。自分としても、週更新のコンテンツがレイド・アリーナ・NF・クルーシブル週間バウンティと他ゲーをプレイできないほど充実したのは嬉しい悲鳴だし、先日発売されたアンチャ4を中断してまでついついこちらをプレイしてしまっている。

しかしながら、今年度初頭に示されたロードマップからすると、本更新の後は今年後半の大規模アップデートまで大きな変化は無いようなので、来月のE3でどれだけインパクトのある発表ができるかがユーザー維持の鍵となりそう。



次の大型DLCは「Rise of Iron」!?

e3note.blog.jp

過日より話題となっているヘビーウェポングリッチの勢いを削ぐかのように、ここにきて唐突なリーク情報。もちろん、E3を前にしたフェイクのひとつかもしれないが、ポスターの出来や概要を見ても、ガチっぽいような雰囲気は十分にある。かねてからの噂通り第4のレイドも追加されるようだが、これだけサラディン卿の雄姿が全面に押し出されているイメージだとPvPにも大きな変化があるのかも。

いずれにせよ、来月中には次の拡張、そして来年の『Destiny2』の姿がお披露目されるであろうから、今の内容を楽しみながら、今後の本作の動向を注視していきたい。

【Destiny】2年目初のライトハウス行き!

遊んでます 遊んでます-Destiny

先週分のオシリスで、2年目になって初めてのライトハウス

TTK以降はオシリスの報酬に魅力を感じず、全くと言っていいほど参戦していなかったものの、4月のアップデートで更新された9連勝の証であるエンブレム「バステトの夢」が欲しくなり、久々に挑戦。

水星を見るのもいつぶりだろう。

ご一緒した方々がオシリス馴れしているガーディアンだったので、FPS自体の腕はもちろん、攻める・引くの見極めが的確であり、難なく9連勝達成。感謝!

念願の猫エンブレムをゲット!

1年目の時はエンブレムのキオスク端末が無く、同アカウント内のキャラクター同士でも取得済みのものを共有できなかったため、当時の9連勝の証「オシリスの目」を頑張って3キャラ分揃えたものだが、今となっては取得済みのものは共有できるので、もうムリしてライトハウス目指さなくてもいいや(笑)

ライトハウスの武器報酬はひどいものだったが、ゴールドパッケージで335鍛錬・腕力振りの頭防具を獲得できたので良しとする。ナイトクローラー用として重宝するはず。

いやー、よかったよかった。

【Destiny】今回のアイアンバナー戦果などなど

遊んでます 遊んでます-Destiny

アイアンバナー戦果

ここ数日間にタワーからNPCが消失するバグ(?)に複数回遭遇。
マッチングエラーで自分以外のプレイヤーがタワーに現れない不具合は何度か経験あるが、NPCが忽然と姿を消す「神隠し」は初めて遭遇したかも。

1キャラ目のウォーロックのランク5到達パッケージの中身はマシンガン。
TTK世代のバナー製マシンガン自体が微妙な性能な上に、付与されたオプションもアタリとは言えず。せめて光320か、ヘビー枠で手薄なアーク属性だったなら良かったのだが。


2キャラ目のハンター・3キャラ目のタイタンに至っては武器すら出ず。
前回のバナーでは両者ともパッケージが良い感じだったので、今回は運が無かった感。

で、今回の目玉である「ウェイローランの行進」。
1年目(エフィリディートズ・スピア)と同じフォルムながら、TTK世代では低威力・高レートのスナイパーライフルとして登場。エイムアシスト値がかなり高くアタマも狙いやすいということで、その特長を伸ばす“第3の手”付きのものをドロップ品でゲット。

主な報酬は以上。

最後に今回のバナーの感想としては、全体的にリスポーンの位置が不安定で理不尽な倒され方をすることがよくあった。味方の前線は維持できているのに、敵の包囲網の中で生まれ、為すすべ無くSCやヘビーウェポンで倒されるとちょっと萎える。クルーシブルのプレイリストの中で「クラッシュ」が好きで1年目後半はよくプレイしていたが、ここまでリス位置が乱れることは無かったと思うが…。

来月のバナーは再び「暁光」が来るのか、いつもの「コントロール」となるのかは分からないが、単純にエリアの制圧のみに絞った「エリアコントロール」を初採用してくれると面白そうかな。

今後のDestinyについて

Destinyという作品自体に愛着があるし、まだまだプレイし続けたいとは思うのだが、TTKを含めた現状のコンテンツは遊び切った感がある。今春の大型アップデートで導入される新コンテンツ(?)にて最大光値が“大幅に”上昇される以上、現状の報酬の渋いレイドやクルーシブルを遊び続けるモチベーションも湧いてこなくなってしまった。

今月中にはアップデートの概要も明らかになるだろうから、それを楽しみに待ちながら、しばらくはDestinyへのログインは毎週水曜日のアームズデイだけになりそう。