GAMELIFE365

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GAMELIFE 365

365日コントローラーを握りたい社会人ゲーマーのプレイログ

気になる2016年発売(予定)タイトル一覧

気になってます

ライフ イズ ストレンジ

3月3日発売予定。

海外では昨年からエピソード毎の配信が行われていたが、ようやく日本でもリリース。海外ユーザーからの評価も高く、ローカライズを心待ちにしていた作品。以前も触れたが、同開発元の『Remember Me』もリマスター&ローカライズして欲しいのだけれど。

ディビジョン

3月10日発売予定。

激戦区3月の本命。個人的には、いまだ遊び続けている『Destiny』の後釜になりそうで期待している。『The Last of Us』のようなサバイバル感、『Destiny』のようなPvE・PvPが入り乱れるシステム、『ゴーストリコン』のようなタクティカルなTPSと面白そうな要素が詰め合わされているので、それらが上手く統合していることを願う。

DARK SOULS

3月24日発売予定。

シリーズ最終作となる模様で、これまでの集大成としてアクション面にはかなり力が入っているみたい。『ディビジョン』の感触次第で購入を検討しようと思うが、フロムは前作『2』や『Bloodborne』でストーリー拡張DLCをリリースしているので、今作もいずれ出るであろう完全版を待ってもいいような…。

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

4月26日発売予定。

今年の大本命。今作を持ってシリーズ幕引き…という訳では無いようだが、PSの人気キャラクターの1人となったネイトが主役を張るのは最後みたい。恐るべき技術力を誇るNDがPS4でどのようなダイナミック冒険譚を描くのか、待ちきれないほどワクワクしている。マルチプレイの事も考えると、購入はDL版の方が良さそうかな。

Dishonored 2

春発売予定。

昨年のE3で電撃的に発表されて以来音沙汰無しの状況だが、スケジュールとしては今春発売のはず。ゲームプレイ映像も未だ公開されていないので、開発の進捗も不明。パブリッシャーであるベセスダが、同じく今春発売予定の『DOOM』の開発映像やβ開催など積極的な情報公開を行っているのに比べると、ここまでの静けさは何かありそうでちょっと不安。

ファークライ プライマル

春発売予定。

ファークライ石器時代のぶっ飛んだ設定だけで興味津々。海外では発売日が確定しているので、日本でもそう遅くはならないと思いたいが、シリーズ前々作『3』が海外より半年遅れた例もあるので、何とも言えない。現代・近未来の銃火器を用いるFPSは世に溢れているけれど、弓や使役する動物に頼るここまで原始的なFPSは新鮮なので、3月のリリースラッシュに被らなければ遊んでみたい。

NIOH 仁王

年内発売予定。

前評判では “和風ソウルシリーズ” “『鬼武者』風アクションの復活” としてじわじわと期待値が上がっており、個人的にも気になってきている。トレーラーの映像ではスタイリッシュな剣戟アクションが垣間見れ、クオリティ次第ではコエテクの海外評価も一気に高まりそう。ただ、テクモ製の『Ninja Gaiden』がいまいち肌に合わなかったので、その操作感に近いのであれば避けるかも。

FINAL FANTASY XV

年内発売予定?

本当に今年中の発売がなされるのか未だ疑わしいが、『Ⅶ』のリメイクも控えているので流石にもう後へは引き延ばせないはず。オンライン専用作品を除けば7年振りの新作なので、昨年のスター・ウォーズ公開の様に何だかんだでワクワクしてしまう。遅くとも6月のE3までには発売日の発表があると思うけど、逆にその時点まで明言されなかったら…いや、ネガティブな予想は止めておこう(笑)

Horizon Zero Dawn

年内発売予定。

実力のある開発元が看板IPである『KILLZONE』を離れて取り組む作品だけに、期待せざるを得ない。トレーラーを観ても機械化した大型生物を狩るシーンは圧倒的で、ゲームとしてのシステムも概ね固まっていそうなので安心して待てる。Naughty Dogがアンチャの成功と並行してラスアスのようなベクトルの異なる傑作も生みだしたように、今作の完成度如何によってはGuerrilla Gamesも更に進化しそう。


上に挙げた以外にも、『デウスエクス』『ヒットマン』『RoT(PS4版)』などまだまだ気になる作品は多い。昨年は大作、しかも中身の伴った傑作が多かった年だが、今年もそれに引けを取らず充実した年となれば嬉しい。

個人的には、昨年末に旗揚げされた小島監督率いる「コジマプロダクション」に早速もって活躍してもらいたいので、今年のE3やTGSではステージで新作について意気揚々と語る監督の姿を見てみたいな。