GAMELiFE 365

まいにちコントローラーを握りたいゲーマーの不定期なプレイログ

『METAL GEAR ONLINE』本日でサービス終了

2008年より続いていた『METAL GEAR ONLINE(以下MGO)』が本日2012年6月12日23:59を持ってサービス終了となる。

METAL GEAR ONLINE(以下、MGO)』は、2008年6月12日発売の「METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS(以下、MGS4)」に同梱し、「MGS4」のシステム、世界観をベースに、「SOPシステムによる連携プレイ」「教官指導モード」「定期開催のトーナメント戦」など、独特なシステムをもったオンラインゲームとして、多くのプレイヤーの皆様からご好評いただいておりました。


弊社といたしましては、当初の3年間のサービス継続という計画のなかでここまで運営を行ってまいりましたが、そのタイミングに至ってもなお、まだ非常に多くのプレイヤーの方々からの熱い応援をいただいておりましたため、ここまで延長してサービスを継続してまいりました。
しかしながら構想しておりましたオンラインサービスの内容を全て実装・提供し、ユーザーの方々へも“メタルギアの世界観の中で遊ぶオンラインゲーム”の魅力を十分に体験していただけたのではないかという考えのもと、この度、本オンラインサービスを終了させていただくことといたしました。
本タイトルのオンラインサービスをお楽しみいただいておりますお客様には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。


正式サービス開始以来、多くのプレイヤーに支えられながら、皆様と共にサービスを作り上げ、そしてここまで歩んでこれましたことを関係者一同、心より御礼申し上げます。


なお、2012年6月12日までのサービスにつきましては下記のスケジュールで運営させていただきます。
また、サービス終了に先立ち、皆様のこれまでのご愛顧に感謝し、特別イベントも企画しております。
さらに、MGO公式Twitterアカウントもご用意いたしました。
今後、MGO公式Twitterにて様々な情報も発信していきます。ぜひ、フォローの方宜しくお願いいたします。


MGO公式Twitter @MGO_Official


終了のその日まで、全力でサービスに努めてまいります。
これまで長い間『MGO』をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
関係者一同、心より感謝いたしております。

METAL GEAR ONLINE OFFICIAL WEB SITE

当時、PS3を買ったのは『MGS4』をプレイするためであり、PS3で初めて遊んだマルチプレイヤーはこの『MGO』だった。
限定カラーの「鋼(HAGANE)」本体が予約できず、仕方なしにサテンシルバー40GBを買ったのは良い思い出。

ゲームとしてはメタルギアらしさ(隠れんぼ、ユニークなキャラクター、愉快なプリセット無線、独自の共闘感など)を備えたTPSであり、日本らしい丁寧なつくりはマルチプレイに馴染みのないプレイヤーも入りやすかった。

ただ、個人的にはPS2時代の『旧MGO』ほどのめり込めなかったのも事実で、恐らくリリースから半年後にはほとんどプレイしなくなった。
あれほど好きだった「キャプチャー(CAP)」ルールがいまいち面白くなかったのが主な要因で、かつてのような4人という少人数と狭いマップでの拮抗した試合展開が再現できなかったように感じたからだ。

今現在『旧MGO』を遊んだら不満もかなり出そうだが、それでももう一度遊びたい欲求は強い。
サーバー管理や運営コストを考えたら難しいことであるのは理解できるが。

『MGS』シリーズは大好きな作品のひとつであり、クリエーターとしての小島監督も尊敬している。
プラットフォームがPS3に移行してからの氏の実質的な作品は『MGS4』のみであり、もうそろそろ次作品の姿を拝みたい頃。
コジプロだけでなくKonami社として注力している「FOXエンジン」の実力も気になることながら、また新たな革新的な『MGO』が誕生してくれたらとても嬉しい。

ともあれ、4年間お疲れ様でした。

広告を非表示にする