読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GAMELiFE 365

まいにちコントローラーを握りたいゲーマーのプレイログ

“V has com to.”

ついに来た!

海外ゲームファンによる解析通りの結果となってそこまでのサプライズではなかったけれど、やはり小島監督自身の手による「メタルギア」シリーズ新作の発表は嬉しいもの。公開済みだったMGS:GZとTPPは同一の作品であることも明らかにされ、別ラインで2つの作品が動いていることを密かに期待していた自分としては少し残念。

以下、個人的に気になる点。

【プラットフォームの件】
  • 対応プラットフォームにPS4を含む次世代機が上がっていないのは、MS陣営に配慮してのことなのか。KONAMI自社にとどまらず、他社への技術提供も視野に入れている「FOX ENGINE」をアピールするためにも早い段階での次世代機における開発実績を残しそうな気がするが。

【Vの件】
  • タイトルのナンバリングがアルファベットの「V」表記なのは、前作にあたるPW内でのBIGBOSSの呼称「VICBOSS(勝利のボス)」をもじったものか。あるいは、飛躍してPSVITAと何らかの関係性を持たせるからなのか。
【ストーリー構成の件】
  • 本作の導入部がMGS:GZにあたり、その9年後がTPPとのことだが、イメージ的にはMGS2のタンカー・プラント編、MGS3のヴァーチャスミッション・スネークイーター作戦みたいな感じか。3のように一貫してスネーク(ビッグボス)の物語ではあってほしいところ。
【販売方式の件】
  • 海外の『The Walking Dead』のエピソード別DL配信が成功を納めたこともあり、もしかしたらパッケージに先行して導入部にあたるMGS:GZを配信し、追ってTPPへ…という販売方式の実現可能性もある?
【トランスファリングの件】
  • HDリマスター作品で実験したトランスファリングやクロスセーブを活かす形でPSVITAへも何らかのソフトを提供するのか。PS4ではすべてのゲームがVITAでのリモートプレイに対応するらしいので、あえて別作品としてリリースするのかは分からないが。
【次世代MGOの件】
  • 次世代MGOはどうなるか。本編のアクションシーンと共にE3あたりでディザー公開されそう。PWやMGS:SOで試みられている通り、監督の意図として何らかのソーシャル要素を盛り込むはず。PS4でのソーシャル的なサービス強化も相まって、ただのTPS対戦とはならないのではないか。
【発売日の件】

何よりコレが早く明確になって欲しい。PS4のロンチが今年のホリデーシーズン(11月〜12月)であることからも、現世代機でリリースされるのであれば、それよりも遅いということは考えにくい(PS4後方互換を持たないことからも)。PS4版が同発で無いとすれば、現世代機のみPS4ロンチの直前(同時頃)に発売して、PS4版のその1Q後とかか。


などなど。

この時期に順等に制作発表されたことで、E3以降のゲームショウにおける期待も相当高まること必至。長らく種明かしを待たされたので、ここからはストーリーやキャラクターの公開をスピードアップしていって欲しい。PS3ロンチ時期にMGS4のトレーラーでオタコンが「僕たちはどこまで行けるのかな?楽しみだ!」という示唆的なセリフでファンを昂らせたように、本作も年末にかけてのゲーム熱を更に高揚させる存在であってくれ!

広告を非表示にする