GAMELiFE 365

まいにちコントローラーを握りたいゲーマーの不定期なプレイログ

【購入】スプリンターセル ブラックリスト&《追記》プレイインプレッション

6月の『The Last of Us』以来のゲーム購入。なんだかんだでweb予約していなかったので、久々に近所のリアル店舗で買い入れる。

ちなみに、その店舗では以前は行っていなかった(と思われる)「発売日当日深夜0時販売」を始めた模様。次の日が仕事休みで無い限り、あまり利用する機会は無さそうだが…。

さて、今作に関しては、前作がXBOX独占だったためプレイできなくて歯がゆかったので、マルチプラットフォームになって何より。日本では同ジャンルのメタルギアに比べたらそこまで本数が出るシリーズではないため、シングルキャンペーンをクリアしたら早々にマルチプレイに参戦するつもり。さすがに『CoD;BO2』のマルチにも飽きてきたので丁度良いタイミングかも。

《追記》プレイインプレッション

キャンペーン

とりあえず難易度「ノーマル」でキャンペーンをクリア。いつものトム・クランシーっぽい正義の大国アメリカ対ならず者テロ集団というストーリーはマンネリ感が漂うけれど、サムのスタイリッシュ潜入アクションが拝めたので良しとする。
操作感としては同社の『アサシンクリード』と『ゴーストリコン(FS)』を上手くブレンドした感じで、肝心のステルス要素もバランス良く練られている。潜入するロケーションも豊富でロードアウトのカスタマイズやアンロック装備の種類も多いため、キャンペーンのリプレイ性はかなり高い。ステルスアクションが好きな方なら長く遊べる作品になりそう。

マルチプレイ

目玉の「スパイVS傭兵」を一通り遊んでみた。三人称視点のスパイ側(TPS)・一人称視点の傭兵側(FPS)という非対称なゲームプレイは斬新で面白い。ありきたりなシューターに飽きている方にはぜひプレイしてもらいたいし、MGOが好きだった方には今作のマルチプレイが一番しっくりくるかも。マッチングやロビー移行に長めのロードを挟むのが難点だけど、発売間もない今だからこそ楽しんでおきたい。ゲーム柄外国人と多くマッチングされるが、ワープしたり止まったりといった致命的なラグはあまり感じられないので、一旦試合が始まってしまえばテンポ良く遊べる。

co-opは未プレイなので、シングルでできるミッションを終わらせたらチャレンジするつもり。

広告を非表示にする