GAMELIFE365

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GAMELIFE 365

まいにちコントローラーを握りたいゲーマーのプレイログ

【プレイインプレッション】CoD;Ghosts(マルチプレイ)

遊んでます

ドミネーションのみを数時間プレイした印象。
(個人の感想・感覚なので間違っている部分があるかも)

Call of Duty Ghosts (輸入版:北米)

Call of Duty Ghosts (輸入版:北米)

通信状況とフレームレート

ロンチ時点で通信状況はかなり安定している。『BO2』の発売時は海外勢と当たるとワープや弾すり抜けが頻発し、まともなゲームになることが少なかったが、今作は現時点でも深刻なラグはほとんど感じない。フレームレートもPS3版の『BO』シリーズと比べ物にならないくらいヌルヌル動いており、同じIW製の『MW』シリーズよりもさらに滑らかな印象。「え、コッチが先に撃ったでしょ!?」という疑問判定が無い訳ではないが、理不尽と感じるような現象は今のところ少ない感じ。現行機においてシアター機能が削除されている点も関係しているのかは不明。

マップ

全体的に広め。シリーズ前作の『BO2』が接近戦メインの狭小マップが多かったためか、余計に広く感じられる。さらに、通路は入り組み、地形の起伏も大きいため、マップ把握にはいつもより時間を要するかも。なお、強調されていたマップの環境変化はごく一部のオブジェクトが破壊されたりする程度の様なので、『Battlefield』シリーズほど戦局に与える影響は大きくないと思われる。ちなみに、今作ではテクスチャインストールは不要であり、改良されたエンジンのグラフィック向上はシングルキャンペーンよりもむしろマルチプレイで実感できる。

武器・パーク

発売したばかりで交戦距離が掴めないこともあり、SMG・ARを使うプレイヤーが大半。武器のリコイルや集団率は『MW3』の感覚に近い。発砲時に赤点が出ないサプレッサーは相変わらず有用だが、以前よりも威力減衰が大きくなっているように感じられミドルレンジ以降だと倒しきれず逃げられることが多い。また、パークに関しても未だ使い勝手が分からない状況のため、お馴染みのクイックドローやスライハンド、ストーカーといったパークを装備するプレイヤーが主流。これから情報が整理されていけば有用な組み合わせも変わってきそう。

ナイフ

『BO2』のように間近で振ってもスカらなくなり、SATcomなどの設置物もナイフで壊せるようになった。ただし、『BO2』のようにプライマリ武器のみを装備した状態でコンバットナイフと持ち替えることができなくなったので、コンバットナイフを使うためにはプライマリ・セカンダリともに外さなければならないみたい。新キルストリークのジャガノマニアックは「吸い込み」範囲が結構大きく、なかなか厄介。

ドミネーション

ルールは『MW3』以前のように時間制限の無いものになり、ハーフタイムを挟んだ陣地交代も無くなった。今作では敵に占領されている旗へ一定時間(ゲージ半分ほど?)留まれば中立状態へ戻せるようなので、より積極的に旗に絡む必要性がありそう。全体的に複雑なマップ構成であることからも、有利ポイントの確保はこれまで以上に重要になりそうな予感。

レシオ・SPM

前作ほどロビーで詳細な数値を確認することは出来ないようなので、相手を気にしてロビーの入退出が繰り返され試合が始まらないといった状況は未だ起こっていない。しかし、『BO2』ほど顕著では無いものの、一方的な試合展開に嫌気が差して途中退出するプレイヤーはやはりいる。


★現時点(11/9)での感想まとめ

先ず何よりもラグや切断がほとんど無く、安定して楽しめる時点で好印象。武器とパークのカスタマイズ性も『BO2』以上で、自分が使い易い組み合わせを試行錯誤していく作業も楽しめそう。現時点で特に不満は抱いていないが、懸念されるのは『BO2』から大量に流入した低年齢プレイヤーのモラル問題。プレイヤー人口が増えるのは喜ばしいとは言え、ロビーで暴言が飛び交ったり、萌えキャラアバターの人に死体撃ちされるのはもう勘弁願いたい。