GAMELIFE365

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GAMELIFE 365

まいにちコントローラーを握りたいゲーマーのプレイログ

今週の気になったニュース10選 No.4

気になってます ニュース

Choke Point | 元Irrationalによるインディ・スタジオがデビュー作『The Black Glove』を発表

キービジュアルが前衛的でとてもステキ。まったくもってどんなゲームになるか、そもそもPS4でプレイできるのかも分からないが、続報が気になる存在。

http://www.scei.co.jp/corporate/release/140603.html

PSPがこの6月を持って出荷完了となるそう。初代のリリースから10年ということで、ロンチ後まもなくの品薄時期に近所の小さなゲームショップにて勢い勇んで購入したことを思い出す。一緒に買ったソフトは『METAL GEAR AC!D』だったはず。現在では短いサイクルで高性能化するスマホや10代向け・ライト向けのソフトが充実する3DSに押されるVITAだが、ハイエンドなポータブルゲーム機としてPS4とともに奮起してほしいもの。この完全な世代移行に合わせて、最近では期待の声すら聞かなくなった『VITA版モンハン』が現実化すれば嬉しい。

「Naughty Dog」がプリプロ段階にある“Uncharted”規模の新プロジェクトを進行中 « doope! 国内外のゲーム情報総合サイト

これは朗報。PS3からPS4までの期間に『アンチャーテッド』『ラストオブアス』計4作をリリースしてきた実績を鑑みても、コンスタントに凄まじいクオリティの作品を世に送り出せる開発力は今世代でも遺憾なく発揮されそう。

「DARK SOULS II」,3部構成の追加DLC「THE LOST CROWNS」を7月から9月に配信。アイテム配布キャンペーンの情報も - 4Gamer.net

まずい。前作同様、発売日にソフトを買っておきながら、未プレイのままDLCの発売を迎えることになる可能世大。遊び始めたらハマることは間違い無いので、他のソフトをサクッと終わらせて遊ぶつもりがついつい先延ばしに。というか、来春くらいまでに最新パッチ適用&全DLC同梱のPS4版が出そうな気がする。

今年で30週年を迎える『テトリス』の最新作『Tetris Ultimate』がPC及び次世代機向けに発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

30年間変わらないゲームプレイでも世代を超えて遊び継がれる完成度は正に芸術品。この普遍的な面白さは、ビデオゲームの枠に留まらず、トランプやモノポリーのような娯楽と同等と言っても過言ではない。日本でも配信されそうだし、値段によっては遊んでみようかな。

不景気な動物の街を舞台に大学を中退した猫の物語を描く新作アドベンチャー「Night in The Woods」のPS4対応が正式アナウンス « doope! 国内外のゲーム情報総合サイト

ゲームとしてはあまりに現実的・日常的すぎるストーリーと感傷的な音楽・映像の組み合わせが素晴らしい。キャラクターが人間ではなく、動物としてあるのも示唆的であって興味深い。こうした題材はインディーならではだと思うし、これまではPCのみでのリリースが多かった作品がPS4でも遊べるのは有り難い。日本でもPS1時代のような奇抜でクリエイティブな作品がインディーでたくさん出てくれればもっと盛り上がるのに。

「Crystal Dynamics」の新作が9日の“All Access Live”にて独占アナウンス、初のフッテージもお披露目予定 « doope! 国内外のゲーム情報総合サイト

早くも新生『Tomb Raider』の続編来るか!?新しいララ・クロフトのキャラクター的魅力と快適な操作性を両立させた好リブートだったので、これは素直に続編であることを望みたい。続編だったとして、順当にいって来春頃の発売予定か。

「ダイイングライト」国内発売は2015年に。パルクールとバトルの雰囲気を一気に把握できる日本語字幕付きE3トレイラーが公開 - 4Gamer.net

一人称パルクールで軽快に飛び回り、ゾンビを打ちのめすゲームプレイは爽快感ありそう。コンセプトは評価されながらも、前世代機のスペック的な問題・開発元の詰めの甘さなどから傑作たる評価には至らなかった『Dead Island』を超えられるか。延期は残念だが、個人的にはかなり期待している作品。

続報:PS3/Xbox 360版「Call of Duty: Advanced Warfare」は“High Moon”が開発を担当、MCVが報告 « doope! 国内外のゲーム情報総合サイト

事前の噂通り、High Moonが担当することで確定。本格的に世代がシフトするまでは、こうした世代別に別れた開発体制が敷かれていくのかな。『Titanfall』がONEを牽引したように、このニュースを聞いて多くのプレイヤーが現世代へ移行してくれれば嬉しい。まあ、開発スタジオがどこかなんて興味を持つのはよっぽどのゲーマーだけだろうけど(笑)

Choke Point | Crytek UKが語る『Homefront: The Revolution』のオープンワールド・ゲームプレー「全てはプレーヤー次第」

前作はぶっ飛んだシナリオに興味はありつつも、プレイするまでではなかった。今作は(前作のような)一本道シューターではないとのことで、非常に面白そう。トレーラーから溢れ出る近未来SF感は最近の大作群の中で食傷気味なものの、「オープンワールドでのゲリラ戦に焦点を当てたシューター作品」という題材が初代『Crysis』を彷彿とさせ、期待も高まる。THQの元を離れて飛躍するフランチャイズと成れるかにも注目。



さあ、いよいよ今週はE3だー!!