【AC:U】プレイ開始!パッチ後の状況や如何に…

発売日に購入しつつも、ようやくプレイ開始!

恒例のプロローグは主人公アルノの幼少時代から。事前情報でも取り上げられていた通り、宮殿内の豪奢な様子はため息が出るほど見事。のんびり観光気分…とは言えないほど血と暴力の溢れる時代だが、いよいよ舞台として選ばれた革命期のパリの描写は一見の価値有り。

さて、ネガティブレビューの主因たるバグと安定性の欠如についてだが、実際にシークエンス3(とサブミッションいくつか)までプレイした段階ではバグやパフォーマンスの大幅な低下には遭遇していない。一度だけカットシーンの一部がコマ送り状態になったものの、パッチ3まで適用された状態では深刻な事態に陥るほどの状況は避けられそう。

凄まじい密度の人物描写は圧巻だが、あまりの人の多さに路地を走ると肩がぶつかってしょうがない(笑)

戦闘もカウンター無双ゲーではなくなり、プレイヤーの装備レベルに左右される歯ごたえのあるものに改善されており、シリーズ過去作より武具を収集する意義も見出せそう。安定して遊べれば従来よりパワーアップしたいつものアサクリであり、完成度よりもリリースを優先させたUBIの判断を恨むしかない。

エンディングまで何事も無く動いてくれよ…。

広告を非表示にする