GAMELIFE365

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GAMELIFE 365

まいにちコントローラーを握りたいゲーマーのプレイログ

【予約購入】メタルギアソリッドV ファントムペイン

買いました

ついにDL版の予約開始!

やり込み要素やMGO(3)のために長く遊ぶことになるであろうことから、今作では起動に便利なDL版の購入を決めていた。

早速、ウォレットへチャージし、予約購入ボタンをポチり。


シリーズのナンバリング前作である『4』から早7年。
コンソールの世代交代のおかげで飛躍的なゲームプレイの向上が実現した現環境にてメタルギア新作が遊べることに喜びを感じる一方、無常な月日の流れに哀愁を覚えたり…。

7年前にメタルギアのために初めてPS3本体を購入した自分の時のように、今作でもそうしたカタチでのPS4デビュー組の方もかなり多そう。世界に誇る和製ゲーム代表の一角として、過去作以上に多くのユーザーを惹き込む魅力を内包していることに期待している。

あと1ヶ月と1週間の辛抱。
大々的なFOXエンジンの開発プロモーションや小島監督の「そんなにお待たせしない」発言から結構な年月が流れた気がするけれど、ここまで来たら後はおとなしく発売を待つのみ!

リリース直前に発覚した監督(コジプロ)とKONAMIの確執(?)にはやきもきするものの、監督のことだから妥協の無い素晴らしい作品を作り上げてくれているに違いない。
課金要素や発売後のMGOの運営に対しては不安もあるが、メタルギアサーガの終幕に相応しい姿であって欲しい。


最後に、前にも書いたが、個人的には監督による『メタルギア』は今作でラストであっても構わない。既にシリーズ誕生から20年以上も経過し、機種のスペックや流行のゲームシステムも大きく変化している中で、PS1のMGSが保持していた「オリジナルな熱量(キャラクタへの思い入れ・演出や感動・ユニークなネタ)」は今作で大きく燃え尽きる予感がしている。

IPの開発コストと比例して製作期間も長期化する現在において、小島監督にはこのあたりで次のステージへ移ってほしい。『メタルギア』というしがらみから解放されて作る作品こそ、監督の真価(進化)が問われるものとなるであろうし、きっとそれに応えてくれるはず。経緯は不明ながら、KONAMIの経営陣から身を引いたその態度こそ、監督の覚悟と意気込みだと思っている。


とまあ、今作の内容とは関係無い部分にも触れながらも、結局は楽しみでしょうがないということ。
大塚スネークの「待たせたな!」を聴けば、余計な事はアタマから吹っ飛ぶハズ(笑)