GAMELiFE 365

まいにちコントローラーを握りたいゲーマーのプレイログ

【TPP】ついにゴールド!ローンチトレーラーも公開!

ゴールド報告に合わせて、監督手製のローンチトレーラーが公開。

シリーズの歴史を感じるとともに、プレイした当時の記憶も呼び起こされる。
監督特有の「思わせぶり」な編集もされており、SOLIDよりも長く続いたBIGBOSSの物語がどのように完結(補完)されるのか、シリーズの一ファンとしても早く知りたい。

お馴染みの新型メタルギアはなんだかトンでもないことになってるけど。


一足先に解禁された海外レビューでも軒並み高評価な模様。

Choke Point | 『Metal Gear Solid V: The Phantom Pain』海外レビュー

「自由潜入」という新たなコンセプトで生み出された新時代の『メタルギア』は、ファン心理だけでなく、ゲーマーとしての満足度も十分に充たしてくれるようで、日本のゲームらしい“こだわり”が活きた傑作となっていることを信じている。

Choke Point | Metal Gear Solid 4: Guns of the Patriots 海外レビュー

ファンの視点からしてもカットシーンとプレイアブルシーンのバランスがちぐはぐな印象を受けた前作もメディア評価は高かったが、これは有望なタイトルが枯渇していた当時のPS3の状況と日本開発のゲームに対する期待値が高かったこともあるのだと思う。


ちなみに、今作の販促ポスターの最終稿のデザインは、血に塗れたスネークのビジュアルや「メタルギア最大の謎に、決着がつく。」というコピーからも、敢えて新規プレイヤーへの配慮を排しているように感じられる。

今回公開されたローンチトレーラーも長年に渡ってシリーズを支えたファンへの感謝を第一に謳っているだけに、やはり今作で『メタルギア』と決別するという小島監督の強い意思が伝わってくるよう。

今作発売後に監督がどのような決断をされるのか、『メタルギア』のファンであり、小島監督のファンである1人としてしっかりと見守り、応援していきたい。

広告を非表示にする