読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GAMELIFE 365

まいにちコントローラーを握りたいゲーマーのプレイログ

怒涛の勢いだった「SCEJA Press Conference 2015」を振り返る

気になってます ニュース

TGSのプレイベントとして昨日開催された「SCEJA Press Conference 2015」。新規情報と既発表のフォローも含めて、短いながら中身の濃いカンファレスで正直驚いた。

あと半年ほどで国内PS4ローンチから2年が経過するのに加え、来年も『FF15』を含めた大作群のリリースが続く見込みなので、より一層日本向けのプロモーションにも力が入ってきた感じ。

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

ということで、昨日の発表の中から個人的に気になった順で情報をまとめてみる。

PS4,値下げ

www.4gamer.net

税込価格でも4万円を大きく割り込むのはかなりの訴求力を持つのでは?
現状の日本では、ゲーム機と言えば携帯ゲーム機やスマホとの比較の上で語られる場面が多いだろうから、いかに価格以上のエンターテインメントを提供してくれる機体であるかを「分かりやすく」伝えることが重要だと思う。
PS2が爆売れしたのは「PS1のゲームも遊べる」「DVDの再生もできる」というライト層でも理解し易い理由があった)

でも、今月『MGSV:TPP』でPS4デビューした方は切ないだろうな…。

PlayStation Now

www.4gamer.net

いきなりの(ベータ)サービス開始告知にビックリ。
ローンチのタイトルラインアップとしてはちょっと微妙だけど、先日参加したユーザーテストでの安定性からサービスの質は信頼できそう。

しかしながら、利用料金周りはまだまだ熟慮が必要。1本あたりのレンタル料金が30日で200円程度なら全くもって不満は無いが、タイトルによっては1,000円~2,000円を超えるようであれば二の足を踏むだろう(その程度の金額を払う気持ちがあるのなら、所有できる現物を中古なりで購入しそう)。各ソフト提供会社との折衝は困難だろうが、もっとシンプルでバリューが伝わりやすい料金設定となることを期待する。

Bloodborne

www.4gamer.net

プラチナトロフィーを獲得したので売却しようと思っていた矢先、DLCを制作中との発表があったので手放さずにいたが、どうやら待っていただけの面白さがありそう。
ただし、2,000円という価格設定で追加トロフィーが付かないようなら様子見。

New みんなのGOLF

www.4gamer.net

SCEJの看板タイトルがようやく到着。かなりソーシャル要素が強くなっているようで、イメージとしては「PS homeみんゴル」といった感じか。
ビジネスモデル的にF2P化しそうだが、タイトルの認知度は高く、アバター(キャラクター)も日本人受けしそうな可愛らしさがあるので、本体牽引に貢献するかも。

これを機に、トロ・クロの番組も復活しないかなー。

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

www.4gamer.net

『CoD:BO3』といい、海外と同日リリースとはSCEJなかなかやるな。
手放しに「面白い!」と薦められるシリーズだし、日本版の特権とも言えるネイトとサリーの愉快な掛け合いは誰でも楽しめるはず。恐らくシリーズ最後の作品となりそうなので、SCEJにはこれまで以上に宣伝に力を入れて欲しいタイトル。

GRAVITY DAZE

www.4gamer.net

以前より制作者から続編を匂わす発言があり期待していただけに、嬉しい公式発表。
VITA特有の操作感もPS4のDUALSHOCK4であれば上手く再現出来そう。

伸び悩むVITAの初期にリリースされた新規IPということでセールスは振るわなかったようだが、キトゥンというキャラクターの魅力から気になっていたユーザーは多いだろうし、今回のPS4でのリリースを機に改めて本作の人気が広まれば良いなあ。

あと、このPS4リマスター版のパッケージビジュアルがとてもステキ。
ぜひ、PS4のテーマとして配信を!

龍が如く

www.4gamer.net

現世代機でも毎年リリースする姿勢は流石。
個人的にはPS2で1作目を遊んだのみなのだが、なぜか毎作気になる存在。

来年は『Mafia』と『Yakuza』の揃い踏みか(笑)

討鬼伝2

www.4gamer.net

オープンワールド化し、モンハンで定着したエリア制のくびきを打破できるか。
“鬼退治”や“和”をテーマにした珍しいタイトルだけにもう一皮向けて欲しいが、果たして。

仁王

www.4gamer.net

遂に日の目を見るらしい。
コレといい、『FF15』といい、『トリコ』といい、長らく名前だけで世間を賑わせていたタイトルがいよいよ現実味を持って語られたきたことは感慨深げ。

ちなみに、同じく消息不明だったPS版『ラストレムナント』はどこ行った!?

バイオハザード アンブレラコア

www.4gamer.net

カプコンはどうしてもシューター作品を作りたいのか。
TPSとして酷評された『ORC』の経験を踏まえ、良い意味で期待を裏切るクオリティであれば良いのだが、そもそも『バイオハザード』ファンはそういう要素(ジャンル)を望んでいないような。

来年がシリーズ誕生から20年ということもあり、本命『バイオハザード7』はTGSでサプライズ発表されたりして。

PS4周辺機器もろもろ

www.4gamer.net

既に「Gold Wireless Stereo Headset」を輸入で購入した身としては、もうちょっと待っておけばよかったかな。まあ、着用感は良好だし、ボイスチャットの音声もクリアなので、商品自体の満足度は高いけれど。

ベイカバーに関しては、いっそのことAppleストアのようにメッセージ刻印サービスも始めてはどうだろうか?ソニーストア限定で特製ベイカバー(バイオやどこいつなど)を受注しているのだから、不可能ではないはず。ちょっとした言葉が入っているだけでもグッとオリジナル感が高まるので、ぜひ検討してもらいたいところ。



以上、日本向けとしてはかなり良いカンファレンスだった。

TGS本番では更なる隠し玉も用意されているだろうし、今週末までワクワク感は続きそう。
(久しぶりにTGS会場へ行きたいなあ…)

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト (CUH-1200AB02)

PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト (CUH-1200AB02)