GAMELIFE365

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GAMELIFE 365

まいにちコントローラーを握りたいゲーマーのプレイログ

【トロコン】降り立ちし邪神(DLC)

Destiny レビュー@PS4 トロフィー@PS4 トロフィー

DLCリリースから4ヵ月が経とうとする折、ようやく第3のレイドである「邪神、滅びる」をノーマル・ハードともにクリアし、トロフィーコンプリート。

本編の発売から1年4ヵ月以上プレイし続けているのに、未だ惑星のパトロールすら飽きずに楽しんでおり、これまでの十数年のゲームライフの中でも『DESTINY』に費やしたプレイ時間は一番かもしれない。

以下、今更だけどトロフィーについての補足。

夜の審判
オリックスの審判」のクエストを完了しろ。

反転ルーン・盗まれたルーンはソロでも手に入る機会は多いが、古のルーンはレイドに参加しない限り手に入りにくい。けれども、他人が召喚した公開イベントに参加してクリアするだけでも条件を満たせるので、魂の間をちょくちょく覗いておくと良いかもしれない。


飢餓の痛み
「古の飢餓」のクエストを完了しろ。

本クエストを完了させるためには、ドレッドノート各所やレイド等で獲得できる「石炭化した破片(全50個)」を最低でも“45個”集めることになる。レイド内にある破片は5個なので、レイド未参加でもクエストを完了させることは可能だが、上述した古のルーンを3つ集める事が鬼門(破片獲得のためには自分がルーンを消費して召喚しなければならない)。

また、クエスト最後の「恐怖の抱擁」はナイトフォール級の難易度であり、ソロでの達成は困難。素直にフレンドやモジパで募った仲間に頼った方が無難。

なお、石炭化した破片の収集状況はキャラ毎に保存されるため、各キャラで手当たり次第に収集しているとどれが獲得済みで、どれが未獲得かが分からなくなりがちなので注意。

※破片はグリモアと連動している(初回入手時のみ)ため、下記サイトも参考になる。
Destiny Ghost Hunter


追い風
オリックスエコー」のクエストを完了しろ。

対象のクエストを完了させるには、レイドボスであるウォープリースト、オリックスの娘、オリックスをそれぞれ倒すことで得られる特殊アイテムが必要であるため、必然的に「邪神、滅びる」をクリアしなければならない。


神の死
「邪神、滅びる」のレイドを完了しろ。

難易度ノーマルであれば、装備次第ではあるが光290~295程度あれば何とかなる。運良く道中にレイド産装備を手に入れて、オリックス戦では光300に達していれば尚好し。

これまでの金星・月の両レイドと比べるとギミックが複雑なことに加え、オリックスの娘戦ではレリック担当がランダムに1人選ばれるので、全員が立ち回りを理解しておく必要がある。道中には、金星の“消える足場”をさらにいやらしくしたアクションシーンもあるため、手順やゴール位置の事前把握は欠かせない。(特に、現在は“翼廊”を剣を使ったショートカットで渡ることがセオリーとなっているので、動画での予習推奨)


神万歳
「邪神、滅びる」のレイド(英雄)を完了しろ。

ノーマルを何度かクリアし、各ボス戦のギミックや戦法を理解していれば、そこまで臆する事はない。ただし、注意すべきはこれまでのレイドハード同様、死ぬと次のチェックポイントまでリスポーンできない点。本レイドは参加者全員の総力が必要な場面ばかりなので、何よりも死なないことが重要。

また、オリックス戦では光310未満では戦力的にかなり苦しいので、ある程度の光レベルが確保できるまではオリックス戦前までの参加に留めておき、装備を整えるのも手段。