『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』ストーリー初周クリア後感想

DL版を予約購入しながらも、いつもながら他ゲーに浮気していたので、ようやく今になってストーリーを初クリア。まさにシリーズの集大成と呼べる完成度。

ただ、PS4になってノーティの圧倒的な表現力には驚かされるばかりだが、ゲームプレイ自体はこれまでの4作(VITA版含め)プレイしてきた身にとっては少々マンネリを感じる部分も。ネイトの「ヤバイ!」を聞くのは本シリーズの楽しみながら、ゲーム中のアスレチックが続く場面には少々退屈さを感じてしまった。

しかしながら、『The Last of Us』の開発経験を盛り込んだストーリーテリングは見事であり、従来のアンチャらしさを維持しながらもキャラクターの心情の描き方がより丁寧になっていて物語にも深みが出ている。本作発売前に主要クリエイターが「エンディングには賛否両論あるかもしれない」と語っていたものの、個人的にはネイト、そしてアンチャーテッドの冒険を締めくくるに相応しい美しいラストだったと思う。


さて、お次はトロフィー収集のために難易度を変えて周回しながら、いよいよマルチプレイへデビューしてみようかな。