読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GAMELIFE 365

まいにちコントローラーを握りたいゲーマーのプレイログ

【トロコン】「ディビジョン」拡張パックⅠ:地下

トロフィー トロフィー@PS4 ディビジョン

XBOXの先行配信から遅れること約2ヶ月、ようやく今月2日に配信されたディビジョンの拡張パック第1弾・アンダーグラウンド(地下)にて追加されたトロフィーをコンプリート。

本編のプラチナトロフィーを取得してから全く起動していなかったが、シーズンパス同梱のゴールドエディションを購入してしまった手前、せめて1つ目の拡張パックくらいはプレイしておこうと思い、収集に着手。
ついでに、ローンチ直後の酷かった状況からどの程度改善されたかも知りたかったし。


以下、各トロフィーについて。

大げさな始まり 戦術司令部に入る

本拡張導入後にテンダーロイン地区に出現するミッション「保護隔離センター」をクリアすることで戦術司令部へ入ることができる。なお、このミッションはストーリーミッション最後の「国連総会会議場」をクリアしていないとプレイできない。

目標達成のベテラン 地下で6種類のミッション目標を全て達成する

ミッション目標はオペレーション開始時にランダムで決定されるが、何度かクリアしていけば自ずと達成できる。

地下の怪物 地下ランク40に到達する

時間のかかるトロフィー。DZランクと異なり、地下ランクの経験値は地下内で敵を倒しても得られず、レベルアップにはオペレーションクリア時に得られる経験値が必要。基本的には、クリアしやすい難易度ハードを繰り返しプレイすることをおすすめ。

ランク20以降になると各回のレベルアップ必要経験値が増え、ランク20〜=10,000〜・ランク30〜=20,000〜・ランク35〜=25,000〜となっていくので、たまには難易度を変えて気分転換しながら気長にプレイしていくのが良い。

トップクラス 4人グループで5つの指令を有効にしたチャレンジのオペレーションを完了する

それなりにプレイヤースキルが求められるトロフィー。普段から連携しているグループであればさほど難しくはないだろうが、野良同士だとGSが高いメンバーが揃ってもあっさり全滅する恐れがある。

攻略のポイントとしては以下のことに気をつける。

  • 単騎で突っ込むと危険なので、他のメンバーと歩調を合わせる。ダウンしてしまった場合は、蘇生してくれる味方のためにも、カバーポイントの後ろに移動して待機する。
  • 指令「マッドスキル」の影響により、メンバーの誰かがシグネチャースキルを使うと、その人以外のメンバーのシグネチャースキルのチャージがリセットされるので、ここぞという場面以外では使わない。リカバリーリンクを装備したメンバーがいると、万が一の時に状況を立て直しやすい。
  • 指令「病気」の影響により、オペレーション開始から徐々にHPが減少していく。結構なスピードで減っていくので、ファーストエイドのオーバーヒールやサポートステーションやスマートカバーのリジェネ効果で相殺して凌ぐ。前述の「マッドスキル」により回復したい場面でスキルが使えないということもあり得るので、回復スキルは自分一人で使うのではなく、なるべく味方を巻き込んで使用する。
  • オペレーション中はミッション目標とは関係無いスルーできる戦闘もあるため、誘導マーカーや味方の行動に注意しながら、不要な戦闘は避けて駆け抜ける。

なお、チャレンジの推奨GSは200とされているが、ストーリーミッションのチャレンジ同様に推奨GS程度ではグループのお荷物になりかねず、プレイヤーによっては除外されたり、離脱される恐れがあるため、私のような復帰勢も220〜230程度には上げておきたい。

地下探検 地下から55の音声ログと25の都市探索日記を全て回収する

いずれも未回収のものが自動で配置されるので、回収漏れなどは特に気にせず目につき次第拾っておく。収集アイテムは1フェーズにつき1つ落ちており、マルチフェーズオペレーションではフェーズの数だけ回収できる可能性がある。

落ちている場所は大抵ボス前の通路付近(弾薬箱が目安)だが、生成されるマップによっては開始直後に落ちていることもある。収集アイテムは近づけばマップにアイコンが表示されるものの、指令「戦場の不確定要素」でマップが表示されない場合は目視で探す。

80個すべて回収した後は見つけてもそれ以上拾えず、経験値ももらえない。

ちなみに、私の場合回収数の表示バグに見舞われたが、80個最後のものを拾った時に無事にトロフィー解除できた。

※なぜか、収集数が110個・50個となっている。ログインし直すと正常に表示されることもあり、意味不明。

広告を非表示にする