読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GAMELiFE 365

まいにちコントローラーを握りたいゲーマーのプレイログ

【プラチナ】バイオハザード7 レジデント イービル

トロフィー トロフィー@PS4

通算119個目のプラチナトロフィー。

先週の発売日から日毎にトロフィー取得率がぐんぐん増えていっているのを見ると、皆さん久しぶりの『バイオ』新作に夢中になっている様子。

難関は難易度マッドハウス(以下MH)クリアだが、クリア特典をフル活用していけば攻略はかなり楽になる。(逆に言うと、敵の体力が多く、拾得できる弾薬数も少ないMHにおいて、クリア特典を使わない場合は相当厳しい戦いとなる。)

また、MH挑戦時は、1回のプレイスルーでアンティークコインを全収集する「超富豪」も同時に目指すと精神的負担が少ない。ノーマル以下とは配置されている枚数と場所が異なるので、動画等を参考に拾い忘れの無いよう注意する。

以下、トロフィーTipsとMH攻略での注意点。

トロフィーTips
燃料がもったいない 扉をおおう虫をナイフだけでしりぞける

旧館でマーガレット初遭遇時に扉が虫に覆われるので、それをナイフのみで駆除する。

反抗期 徘徊しているマーガレットを撃退する

ランタン片手に旧館・ダイニングルーム周辺を彷徨いているマーガレットに一定以上のダメージを与える。相手が飛ばしてくる虫の大群からのダメージが痛いので、なるべく高火力の武器を使ってさっさと追い返した方がよい。

粘着質 敵にリモコン爆弾をくっつけ、その爆発でとどめをさす

組み付いてきたモールデッドにリモコン爆弾を貼り付け、倒すことで獲得。モールデッドとの距離を離した時やヘッドショットを食らわせた時に、唸ってダッシュしながら近づいてくる動作が組み付きの合図。

超富豪 難易度「Madhouse」で、1度のプレイでアンティークコインを全て入手する

下記動画参照。ノーマル以下の倍近い全33枚が配置してある。
(PowerPyxに収集物を網羅した別動画もあり。)

youtu.be

一刻も早く帰りたい 4時間以内にクリアする

難易度カジュアル推奨。攻略チャートを頭に入れることはもちろん、ストーリー進行に必要な「汚れたビデオテープ」以外のビデオは見ず、カットシーンはスキップする。
戦闘や探索も最低限にとどめ、万が一死亡した際は一度メインメニューへ戻ってから最新のデータをロードして再開する。(ポーズ中は時間の進行は止まるが、リスタートした場合はそれまでに要した時間も加算される。)

なお、4時間以内クリアの特典である丸鋸と透視グラスはMHにおいて非常に役立つため、ぜひMH挑戦前に取得しておきたい。

あんな箱信用できない アイテムボックスを3回以下しか開けずにクリアする

難易度カジュアル推奨。ストーリー上、パーティルーム前とパーティルーム後(クランク取り出し)は強制であるため、残る1回をどこで開けるかになる。
私の場合、無限弾取得後に本トロフィー獲得を目指したので【本館ランドリー・パーティルーム前・パーティルーム後】の3回とした。一部ボス戦死亡後のアイテム移動はカウントされないため、終盤にイーサン操作へ戻った際はラスボスまで一気に駆け抜け、エヴリン戦(変異後)で即座に死亡してアイテム移動を行えばオーケー。

※本館でグレネード(要:カラスの鍵)を取得しないでおくと、なぜか廃坑前の古屋に届く。コレと道中の事務室で拾える神経弾を使えば、本館へ戻る直前の肥満体モールデッド2体をスタンさせ、その隙にはしごを登ることができる。

なので、無限弾がある場合は【本館ランドリー・パーティルーム前・後】とし、無限弾が無い場合は【パーティルーム前・後・廃坑前の古屋】のパターンが良いのではなかろうか。

こんな薬信用できない 回復薬、回復薬(強)、ハーブを3回以下しか使わずにクリアする

難易度カジュアル推奨。体力の最大値を上昇させるステロイドは全回復効果もある上、本トロフィーにはカウントされないため、ぎりぎりまで体力が減った状態で使うと効果的。全部で3本手に入るので、ここぞという時のために温存しておくと安心できる。

MH攻略での注意点


  • 敵の体力が増加しているのに反し、こちらが拾得できる弾薬数は減っているので、出現する敵を倒そうと思うとすぐに弾切れになる。そのため、特典の近接武器である丸鋸が非常に有用。L2+R2長押しの回転攻撃はボタンを押している間中持続的に攻撃することができ、モールデッドであろうとボスであろうと的確に弱点を狙えば凄まじい威力を発揮する。特にこだわりが無い限りは、MH挑戦前に4時間クリアを達成して丸鋸を入手しておくことをオススメする。
  • 体力とともに、敵の敏捷性もかなり上がっている。特に、ボス敵の動きの速さが顕著であり、序盤のチェーンソーミア戦やジャック・ベイカーから床下へ逃れる際の追いかけっこの難易度が飛躍的に高くなっている。普通に走って逃げるだけでは容易に追いつかれるので、ドアを閉めて時間を稼いだり、隠れてやり過ごすことの重要性が増している。(本館を徘徊するジャックに関しては、いっそのこと丸鋸で一定時間のダウンを奪った方が安全に探索できる。)
  • 敵の配置はノーマルまでとほぼ同じだが、一部の場所に追加で配置されていたり、敵の種類が強化されていたりする。(例:ルーカスの「牛舎ファイト」で戦う肥満体モールデッドが1体→2体となっていたり、廃船ミアパートで複数の肥満体モールデッドが巡回していたりする。)そのため、敵を素早く処理したり、逃げる時間を稼いだりするのに神経弾の活きる場面が多くなるので、調合素材であるサプリメントが手に入ったら神経弾を作っておくとよい。
  • セーブするには過去作のインクリボンのようにカセットテープが必要となる。このアイテムは有限で、使い切ってしまうとセーブ間隔の長いオートセーブのみを頼ることとなってしまう。とはいえ、レコーダーが設置してある場所には複数個のテープが置いてあることが多く、そこまで頻繁にセーブしなければ足りなくなることは少ないと思われるが、念のためセーブデータは上書きせず、スロットを変えていった方が無難。
余談

DLCのシーズンパスを購入。
本編のDL版とは異なり、ウォレットの残額から買うことができた。


シーズンパスのおまけで付いてくるカスタムテーマ。ダイナミックテーマではないので背景に動きは無いが、操作音がレコーダー操作時のカシャカシャ音となっている。

広告を非表示にする