読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GAMELIFE 365

まいにちコントローラーを握りたいゲーマーのプレイログ

【トロコン】Banned Footage Vol.1(DLC)

トロフィー トロフィー@PS4

先日配信された『バイオハザード7』の有料DLC第1弾「Banned Footage Vol.1」をコンプリート。鬼門は何と言っても ” 死に覚え(+運)ゲー ” と化した「イーサンマストダイ」モードのクリア。本編のマッドハウスが可愛く思えるほど鬼畜なモードなので、『ソウル』シリーズに挑む時のような折れない心が重要。

クリア時のタイムは25分ほどながら、その裏には数十回に及ぶリトライがあったりする。
ただ、その数十回のリトライも最後のマーガレット戦に辿り着く前に繰り返したもので、肝心のマーガレット戦は運良く手持ちの武器が良かったおかげで1回でクリアできてしまい、ちょっとばかり拍子抜け。

なお、攻略に際しては下記の方の動画が非常に参考になった。

youtu.be

手に入るアイテムは毎回ランダムなものの、敵の配置・出現タイミングとトラップ位置は固定なので、いかにそれを早く覚えるかが攻略のカギとなる。
初めは動画を観ても「なぜしゃがんだり、立ち止まったりするのか」が分からないかもしれないが、実際に動きを真似ながらプレイしてみれば自ずとその理由が理解できるはず。

以下、「イーサンマストダイ」攻略メモ。


  • 敵からの攻撃はもちろん、ワイヤートラップやトラップ箱に引っかかった場合でも即死する。そのため、道中で拾う回復薬はあまり意味がない上、ステロイドの上限アップもほとんど実感できない。所持品にスペースがあれば万が一の時のためにストックしておいても良いが、有用な調合素材や弾薬を拾いたくとも空きが無い場合は回復系のアイテムから捨てていくことをオススメする。
  • アイテム箱とトラップ箱は「テープの巻き方」と「音」と判別できる。アイテム箱は二重、三重とテープが巻いてあるのに対し、トラップ箱は一重のみであり、近寄って耳をすますと「チッチッチッ」というタイマーのような音がする。慣れない間は音を聞き分けた方が確実だが、何度もリトライしているうちにすぐに外見から見分けられるようになるのでご安心を。
  • 宝箱のランクは4つあり、入ってるアイテムが異なる。目安は次の通り → 【★】ハーブや薬液、ガンパウダー/【★★】武器や弾薬、回復薬(強)/【★★★】より威力の高い武器や希少な弾薬/【★★★★(宝箱の外見でトラップなし)】マグナムやグレラン、クリア特典アイテム/ となっている。ボス戦に向けて武器の入手を優先したいが、強装弾を作れる薬液(強)などの調合素材も大切なので、本編以上にアイテム管理での取捨選択を迫られることになる。
  • ルート上での強制戦闘は地下・ボイラー室と1F・リビングルーム(キッチン)の2ヶ所であり、それ以外の場所は敵をスルーするか、設置してあるトラップを上手く活用して弾薬を節約して倒す。出来る限り、高威力の武器はマーガレット戦のために温存しておきたい。ちなみに、私がクリアした時のマーガレット戦の手持ち武器は「強装弾12発・ショットガン6発・マグナム6発」くらいだったかと。何ヶ所かトラップにひっかかってくれたおかげで、ショットガンへ手を付ける前に倒すことができて幸運だった。
  • 製作者側も「理不尽」なモードであることを謳っており、正直なところ、クリア出来るかどうかはプレイヤースキル以上に良い武器を拾えるかという運に依存する部分が大きいので、失敗しても諦めないことが大事。死にすぎて嫌になってきたら、同じく本DLC収録の「ベッドルーム」にて美味しい(?)手料理を堪能すれば気力が回復する…かも。

あと、ウェーブ制で押し寄せる敵を倒しながら朝まで生き残る「Nightmare」と「Night Terror」に関しては、累計スコアによってボーナスアイテムがアンロックされていくので、本編でも強力だった丸鋸(累計300,000スコア・使用には3,000スクラップ)さえ入手できれば、クリア自体は容易。

広告を非表示にする