GAMELiFE 365

まいにちコントローラーを握りたいゲーマーのプレイログ

【Destiny】最終コンテンツ「勝利の時代」リリースと『Destiny 2』について

『Destiny』最後のコンテンツ「勝利の時代」

今年は昨年2月に開催されたバレンタインデーイベント「真紅の日々」の実施が見送られ、年始にかけてのホリデーイベント「暁旦」以降イベントの無かった『Destiny』。私自身、2014年の発売からコンスタントにプレイし続けていたものの、「暁旦」終了後にはいよいよ飽きを感じるようになり、この2ヶ月ほどはほとんどログインする機会が無いほど本作から遠ざかってしまっていた。

なので、ここにきてようやく最新コンテンツかつ『Destiny(1)』における最終コンテンツ「勝利の時代」がアナウンスされ、再び本作への興味が湧いてきた。

Destiny コンプリートコレクション - PS4

Destiny コンプリートコレクション - PS4

www.bungie.net

公式サイトの画像を見る限り、どう見ても金星レイド・ガラスの間に関係するもののようなので、多くのプレイヤーから望まれていた旧レイドのリメイク(最新光値への更新)が遂に実現するのか、期待が高まる。
(単に、改めて旧レイドを含む既存コンテンツをすべて遊び直すと限定報酬がもらえる、といったお茶濁し的な内容にはならないよね…?)

段階的なお披露目のスケジュールを見るに正式なリリースは4月に入ってからになりそうだが、まずは来週に予定されている1回目のライブ配信を楽しみに待ちたいと思う。

来たる『Destiny 2』について

販売元であるActivisonが本作の続編のことを『Destiny 2』と呼び、その存在を公にしたことはあれど、今回の告知でBungieも初めて『Destiny 2』と呼称していることから、続編は正統なナンバリング作品となる模様。

fpsjp.net

先月のActivisonによる決算報告の場において明らかにされた情報によると、どのプレイヤー層でも楽しめるようによりカジュアルで間口の広い作品を目指しているようなので、昨年のGOTYを獲得し、e-sports界でも人気となった『Overwatch』の影響は大きいものと思われる。個人的にも、『Destiny(1)』以上にプレイヤー人口(特に日本人の方!)が増え、長く楽しめる作品となってくれたら嬉しい。

なお、ファンの間で懸念されていた『2』への ”引き継ぎ” に関しては、上掲の公式ページで次のように述べられている。

続編ではどんなプレイヤーも新しい冒険に繰り出せるようにしたいと思っているので、新しい世界を探索し、新しいストーリーを体験し、新しい力、報酬などを獲得したりなど、盛りだくさんな内容になっている。このため、ゲームとプレイヤーが新しい気持ちで新しい冒険を始められるように、ある決定を下した。Destiny 1で手に入れた力、アイテム、エバーバース関連のアイテム、および通貨はDestiny 2に引き継がれない、ということだ。ただ、Destiny 1を通して依然アクセスすることはできる。

そして、自分で育てたガーディアンに愛着を持っているのは私達だけでなく、プレイヤー達も同じだということは理解しているので、キャラクターのカスタマイズはそのまま保存したいと考えている。プレイヤーがDestinyに見せてくれた献身と情熱をきちんと認識したいためだ。具体的に言うと、レベル20に到達し、ブラックガーデンのストーリーミッションを完了したキャラクターのクラス、種族、性別、顔、髪型、マーキングは引き継がれる。また、ベテランアカウントには、Destiny 1での功績を受けて、お祝いの気持ちを何らかの形で見せたいと考えている。

発売からおよそ2年半に渡って楽しませてもらってきた一ファンとしては、この決定で全く問題無いと思っている。
確かに、時間をかけて厳選し、使い慣れた装備の数々が引き継げないのは残念ではあるが、それ以上に新たな環境で新たな装備を手にいれる喜びの方が大きいと感じるし、何よりプレイヤー全員が一斉にスタートして初々しく賑わっている『Destiny』初期のようなワクワク感を再び味わえた方が嬉しい。

盛り上がるであろう6月のE3。今から待ち遠しい。

広告を非表示にする