GAMELiFE 365

まいにちコントローラーを握りたいゲーマーのプレイログ

【Destiny】最後を飾る「勝利の時代」スタート

『Destiny』の最後を飾るコンテンツ「勝利の時代」が日本時間の本日から配信スタート。続編である『Destiny 2』の初披露も目前に迫る中、本コンテンツでは現在までに行われた様々な拡張を現行仕様へアップデート(再調整)し、思い出を振り返りながら今作のすべてを遊び切ってもらおうという、まさに集大成的なもの。

個人的にもこの2ヶ月半くらいはプレイから遠のいていたが、この「勝利の時代」に合わせて再びガーディアンに戻ることを楽しみにしていた。

Destiny コンプリートコレクション - PS4

Destiny コンプリートコレクション - PS4

アップデート後に起動して気づいたのは、タイトル画面のロゴやミュージック、プレイヤーのハブとなるオービットで流れるBGMなどがオリジナル(1年目)時代のものへと戻っており、発売時からプレイしているファンへ送るBungieからの粋な計らい。当時は、作曲家の方の離職を巡る訴訟問題がクローズアップされた時期もあったけれど、やっぱりオリジナル時代の壮大で期待感を昂らせる音楽は素晴らしい。
(もちろん、2年目以降のサウンドも素晴らしいが。)

思い返せば、今作発売前のβ(α?)テストでプレイできたストライク ”デビルズ・レイヤー” で「End of the Line」を聴いた瞬間、このゲームを買うことを決めたっけ。

youtu.be

ちなみに、今作の中で一番好きな曲はHoWの「Kell Rising」。

youtu.be

機械の天罰・アクシス戦もヒロイックでカッコいい。

youtu.be
(この動画の外国人の方のコメントに笑ってしまった。国は違えど、苦戦するガーディアンの姿はどこも共通か(笑))


で、「勝利の時代」の進捗を記録するブックを開封したところ、開封時点での達成率は56%。13ページにも及ぶ多様な課題を目にしたところ、1年目の時代からカウントされていれば8〜9割は埋められていたような気もするが、ブックにも記載されている通り、100%を達成しなくともすべてのリワードを貰うことができるので、躍起になって取り組まなくとも大丈夫。

というか、私自身、さすがにこれからの時間ですべての課題を埋める気にはなれないので、ひとまずはすべてのリワードを獲得するところまで遊んでみるつもり。本コンテンツで新しくなったレイドも、金星と月を遊べれば十分かな。

とか言いながら、久々にプレイしてもやっぱり面白い。
20年近く様々なゲームを遊んできたけど、間違いなく今作が最もハマった作品。

恐らく『2』のリリースまでには未だ少し時間がかかるので、気晴らしに今作を起動しながら、その時を待ちたいと思う。

いよいよ姿を見せる『Destiny 2』

『2』のティザートレーラー日本語版が公開。
しっかりと吹き替えてくれているところを見る限り、『2』の日本語版およびクオリティも問題無さそう。相変わらず軽いノリのケイド6の続投含め、今作の続編としてストーリーの進展も期待したい。

www.jp.playstation.com

日本時間31日、ワクワクする。

広告を非表示にする