GAMELiFE 365

まいにちコントローラーを握りたいゲーマーのプレイログ

【Destiny】新・月レイドクリア&「勝利の時代」ランク7到達!


↑「クロタ・オリックスさん」ではなく「Crota, Son of Oryx」(笑)

「勝利の時代」配信と同時に光390の新難易度が追加された、月レイドこと「クロタの最期」をクリア。『Destiny』の4つのレイドの内、金星「ガラスの間」に続いて実装された2つ目のレイドであり、道中・ボス戦含め複雑なギミックはなく、スムーズに行けば20〜30分程度で完了してしまう最もお手軽なレイド。今回のリニューアルでも攻略へ影響するような変更点は見られず、過去にクリアした経験のある方なら戸惑うことはないはず。

ただし、クロタ戦のチャレンジではレリックを複数人が代わる代わる担当しなければならず、これまでのようにレリック役の人ひとりに任せてはおけないため、チーム内に3〜4人はレリックが扱えるプレイヤーが必要となる。

Destiny コンプリートコレクション - PS4
ソニーインタラクティブエンタテインメント (2016-09-21)
売り上げランキング: 2,387


クリアとともに、クエストを進めておいたネクロカズムをゲット。
旧月レイドの時は最終強化に必要なクロタクロックスが全くドロップしなかったため、今回のリニューアルで初入手。アイドロン・アライの時点で光400未満でも、ネクロカズムへ進化させると同時に光400となった。(パークの解除は必要。)

以下、新・月レイド1回目のクリアで得た主な報酬。

「勝利の時代」でレイド産属性付きプライマリをエキゾチック扱いとしたのは、バランス調整の面からも良かったように思う。『Destiny 2』でどのようになるかは分からないが、単に属性を削除して無個性にするよりは、こうして装備の制限を設ける形ででも実装してもらった方が、苦労してレイドをクリアする甲斐があるというもの。

「勝利の時代」ブックランク7へ到達!

久しぶりの『Destiny』へ熱中し、一気にランク7へ到達。

勘違いしていたのが、「記録ブック完了度」は96個(8個×12ページ)に及ぶ全課題の達成率ではなく、ランク7までの進捗率のことだった模様。私がランク7へ到達した時点でのクリア課題数は64個だったことから、全体の2/3をクリアすればランク7へ達する計算。
クルーシブルやオシリス関連には全く手をつけていない状態でもランク7へ上がれたので、PvEのみを楽しみたい方でも大丈夫なはず。

なお、ランク7の報酬はBungieストアで「勝利の時代」Tシャツをディスカウント購入できる ”権利(ディスカウントコードの発行)” を貰えるだけで、エンブレムやシェーダーといったインゲームアイテムは何もないのは少々残念。

それと、記録ブック関連の話では、課題の中に「フェルウィンター山の頂上にあるZIVAの破片の回収」があったため、久しぶりに登山を敢行。「鉄の章」リリース直後に何度か挑戦した時は滑落死して諦めていたが、今回は嘘のようにすんなりと登頂できた。

ガーディアンが豆粒に見えるこの高さから見下ろす鉄の神殿の景色は壮観で、レイドをクリアした時並の達成感が心地よい(笑)

広告を非表示にする