【レビュー】モンスターハンターポータブル 2nd

いわゆる「モンハン」シリーズは前作の「モンスターハンターポータブル」が初めて。
前作でその魅力にどっぷり浸かってしまった。巨大なモンスターに最初はけちょんけちょんにされながらも、装備を強化し、攻撃パターンを把握し、やがては楽に倒せるようになる。この達成感が堪らない。

プレイヤーキャラクターにレベルや攻撃力などといった概念は無く、あくまでも身に付ける武器や防具、そして何よりもプレイヤー自身の腕の上達にかかっていることが新鮮だ。

モンスターハンターポータブル 2nd

モンスターハンターポータブル 2nd

登場するモンスターの種類も増えており、それに比例して生産できる武具の種類も豊富にある。苦労して集めた素材を用いて目的の武具が生産できたときの喜びは何事にも変えがたい。“狩るか狩られるか”という原始的なやりとりが緊張感を演出し、何度も挑戦するモチベーションにもなる。ワイルドだ。

アドホックモードを通じて多人数でのプレイも可能。というか、ひとり(ソロ)でやるよりも面白いことは自明。周囲に持っている人がいなくとも、非公式なツールを使うことにより、擬似的なオンラインモードとしてもプレイできる。孤独を愛する人にも、多人数プレイの面白さはオススメする。

ただ、アクションゲームが苦手なひとにはツライかもしれない。強い武具さえ揃えられれば絶対に負けない、ということはない。ゲームの難易度が調整できるわけでもないので、自分の力でコツコツと進めていくしかない。理不尽な攻撃でやられてしまっても投げ出さない根気とおおらかさが必要かも(実際によく起こり得るので)。

PSPで最も売れているタイトルだけあり、肌に合えば末永いお付き合いになるソフトだと言える。引き際はプレイヤーの判断に委ねられているという、なんとも如何ともしがたいソフトなのだ。

モンスターハンターポータブル 2nd 公式ガイドブック

モンスターハンターポータブル 2nd 公式ガイドブック

広告を非表示にする