読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GAMELiFE 365

まいにちコントローラーを握りたいゲーマーのプレイログ

『Star Wars Battlefront II』正式お披露目!

先日からリークされていたティザートレーラーから期待が高まっていたところで、ついに正式なお披露目。前作のトレーラーを初めて観た時も衝撃的だったが、今作のクオリティは更にそれを超えており、「映画では描かれなかった、帝国軍女性兵士によるシングルキャンペーン」と「全時代のヒーロー・ヴィランが参加するマルチプレイ」の強力な2本立てには興奮せざるを得ない。

前作はベータをプレイして圧倒はされたけど、シングルキャンペーンが無いことやマルチプレイの登場キャラクターに作品の縛りがあることから、結局製品版に手を出すまでは至らなかった。その点、今作ではそうした不満が尽く解消されそうであり、期待は高まる。

エンドアの戦いからスターキラー基地の誕生まで、30年に渡る復讐の物語を描く「Star Wars Battlefront II」シングルプレイヤーキャンペーンの新情報まとめ " doope! 国内外のゲーム情報総合サイト

「doope!」は、国内外の様々なゲームニュースをお届けする総合情報サイトです。

『フォースの覚醒』以降の主人公が女性であるレイとなったのと同様、今作主人公も帝国軍の女性兵士というのは興味深く、また新たなSW像が見えそうで楽しみ。情報によれば、キャンペーンではルークやカイロ・レンを操作するパートもあるらしく、『Star Wars: The Force Unleashed』シリーズ以来久しぶりにライトセーバーをブンブン振り回せそう。

4つのスタジオが集結する「Star Wars Battlefront II」の大規模な開発体制が判明、キャンペーンの脚本はSpec Ops: The LineのWalt Williams氏 " doope! 国内外のゲーム情報総合サイト

「doope!」は、国内外の様々なゲームニュースをお届けする総合情報サイトです。

また、今作の開発に関わるEAお抱えのスタジオの豪華さに驚くことに加え、あの『Spec Ops: The Line』のライターでもあったWalt Williams氏が脚本に携わるという点も見逃せない。シリーズをリブートさせて高い評価を受けた『バイオハザード 7』の脚本も上記作のナラティブを支えたRichard Pearsey氏が関わっていたし、いかにかの作品が(シナリオ面で)傑作だったかを思い知らされるばかり。

www.imdb.com

ただ、現時点で唯一気がかりなのは、シーズパス等で展開されるであろうDLCについて。前作も長い期間をかけて新たなコンテンツがリリースされたのは良いが、様々な問題点からプレイヤーの流出が酷く、過疎化が早かったと聞くので、今作ではオンライン人口の維持にも気を配ってほしいもの。
SWほどの版権作品ではあり得ないとは思うものの、『Titanfall 2』のようにDLC(拡張コンテンツ)をすべて無料にするくらいの心意気があれば言うことないんだけど。

<追記>
と、本記事を書いた直後に続報が。本当にこの通りになればいいなあ。

fpsjp.net



ともあれ、今作も発売前の今夏〜今秋くらいにマルチプレイのオープンベータを実施するであろうから、そこで実際のプレイ感を確かめるのが今から楽しみ。


余談

E3で電撃発表されると噂のBioWareの新作も『Destiny』ライクということで、今年はAAA級のSF作品が3作出揃う可能性も。
(『Destiny 2』正式発表前のリーク情報でも、この新作の影響を受けるのを避けて『Destiny 2』のベータテスト日程を組んでいるといった話もあった。)

www.gamespark.jp

まあ、同社最新作『Mass Effect: Andromeda』の日本リリースが見送られたことから、こちらのローカライズも期待できない気はするが。

広告を非表示にする