GAMELiFE 365

まいにちコントローラーを握りたいゲーマーの不定期なプレイログ

【トロコン】Stick it to The Man!(PS4)【100%】

『Stick it to The Man!』のトロフィーをコンプリート。

ジャンルはアクションながら、シビアな操作はなく、全編を通して平易。
どちらかというと、パズルアドベンチャーのようなゲームであり、NPCの思考を読んでキーアイテムを手に入れ、それを適切な場所で使用して進路を開くといった内容。

濃すぎるキャラクターとクラクラするようなぶっ飛んだ展開のおかげで、わずか数時間のゲームなのに色んな意味でお腹いっぱいになる作品(笑)

トロフィーは、wiki記載の通り、すべてのNPCの思考を読むようにしていれば自ずと大半のものが獲れる。ゲーム中、□ボタンで見られる全体マップには思考を読んでいないNPCの位置や解いていないギミックの場所が「?」と示されているので、それも参考に。

一部NPCは、シールを貼ってギミックを解いてしまうとイベントが進行して思考を読めなくなる場合もあるため、先ずはNPCを見つけ次第脳に触手を伸ばしておくことをオススメする。

特定チャプター内の獲得条件は、チャプターセレクトからでも可能。

『Stick it to The Man!』簡易レビュー

そもそも、本作の概要からして意味が分からない(笑)

紙とシールでできた世界の住人、レイ。 ある日事故に遭った彼が目を覚ますと、頭(というか脳みそ)からピンク色のスパゲッティみたいな第三の手が生えていた!どうやら、この手を使うと世界を大きく変えられるみたい……?

作品内はブラックジョークに溢れ、ゲームをプレイしているというよりもコメディアニメを観ている感覚に近い。Steamのユーザーレビューやメタクリでの評判もすこぶる高く、本作のギャグセンスにハマれる方にとっては非常に愉快な時間となるはず。

ゲームとしては、一部の謎解きが脈絡なく分かり辛い、NPCが密集しているとカーソルを合わせにくい、といった難点は目につくものの、プレイを阻害するほどのものではない。

小さなことを気にするよりも、本作のバカバカしさを楽しんだ者勝ち。

他人がどう考えているかを気にしてしまうのは人間の性だし、できることならその思考を覗きたい気もするが、頭からピンクのスパゲッティみたいな触手を生やすのは勘弁(笑)

広告を非表示にする