6月のフリープレイ目当てに北米PS Plusへ加入

北米・英国ともに今月のフリープレイとして『Killing Floor 2』『Life is Strange』が提供されるということで、久しぶりに海外PS Plusへ加入してみた。

PS Plus: Free Games for June 2017 – PlayStation.Blog

何故か日本語化されているという英国版『KF2』は魅力的だが、北米の先月のフリープレイ『ABZU』もプレイしたかったため、月跨ぎで1ヶ月間北米へ加入することを選択。

Killing Floor 2』

北米版は日本語なし。(トロフィーのみ日本語化済み。)
事前に情報を調べていたところ、某ショッピングサイトにて「北米PS4版もアップデート1.05で日本語化された」との購入者レビューを見かけたので微かに期待していたものの、残念ながらver.1.07となった現在も日本語化はされておらず。
(まさか、1.06以降に日本語が削除されたなんてことはないよね?)

それでも、“ゾンビっぽい敵を撃ちまくる” という単純明快な内容のゲームにつき、武器やPerkの説明が読めれば十分で、不明な点はwikiに頼れば攻略に詰まることは無さそう。

少し触って見たところ、動作面では通常PS4でもヌルヌル動く。
エイム感度の微調整はもちろん、家庭用機ながらFOVも弄れる。

それと、確かにゴア表現は過激ではあるが、『Dead Space』のような生理的な気持ち悪さではなく、『DOOM』のような弾けたグロさなので、むしろ爽快感がある。
(言い換えれば、『Dead Space』のように四肢を切断して敵の動きを制限するといった戦略的なことはできない。)

謎解きメインとなった近年の『CoD』のゾンビモードが合わないと感じる私にとって、敵を倒してウェーブを生き延びるというシンプルな内容はピッタリ。

大作のリリースが落ち着いた時期に海外の多くの国でフリープレイとなり、少なくとも来月の更新まではマルチプレイも賑わいそうなので、今月は本作を中心に遊んでいくつもり。


『Life is Strange』

もう1本の目玉『LiS』も日本語はなし。トロフィーも共通。
(収録言語は英語・フランス語・ポルトガル語スペイン語。)

本作の日本語版ローカライズは素晴らしいものだったので、もし未プレイの方であれば、素直に日本語版で遊ばれることをオススメしたい(笑)

mygamelife.hatenablog.jp


ちなみに、昨年から北米・英国のPS Storeでは本作のテーマが無料配布されている。
アカウントさえあれば誰でもダウンロードできる上、アバターとは異なり、テーマは本体へインストールされるため、普段の日本アカウントでも使用可能。

ゲーム内のマックスのスクラップブックのようなデザインなので、気になる方はぜひ。

※海外アカウントの作成・利用は自己責任にてお願いいたします。

広告を非表示にする