【プラチナ】Tearaway PlayStation 4【131個目】

『Tearaway PlayStation 4』のプラチナトロフィーを獲得。

過去にプレイしたVITA版と比べて遊びやすくなった面もある一方、融通の利かないカメラ視点にはちょっと難儀した。

mygamelife.hatenablog.jp


プラチナトロフィーは通算131個目。

『Tearaway PlayStation 4』はこんなゲーム

リトルビッグプラネット』を手がけたメディアモレキュールによるプラットフォーマーアクションゲーム。

オリジナルのVITA版同様、PS4の機能(タッチパッド、ライトバー、モーションセンサー、カメラ、マイク)をふんだんに盛り込んだユニークな作品となっている。

PS4版ではシナリオやギミックの追加、演出の強化が図られており、VITA版プレイ済みの方でもシリーズの新作を遊んでいるかのような心持ちで楽しむことができる。

『Tearaway PlayStation 4』のトロフィーについて

プラットフォーマーながらゲームの難易度は低く、残機制限などもなくリトライも容易ではあるが、それでも「おかかえ運転手」はなかなか大変。

各チャレンジとも2〜3度挑戦すればクリアできるようなレベルとはいえ、失敗したら章の冒頭からリスタートという場合が多く、チャレンジ開始地点までのカットシーンやイベントもほぼスキップできない仕様なため、難しさよりも待機時間の多さにイライラするかも。

ヒーロー

ヒーロー サイドチャレンジをすべて達成

15章「ひとりぼっちのテガミ」のサイドチャレンジがクリアできないバグ(?)に遭遇。プレゼント回収前にテガミがパイプへ入ってしまったのでチェックポイントからのリスタートを行ったものの、何度やってもチャレンジ成功のフラグが立たず。

稀な現象とは思うが、もし同じような状況になった時には一度ゲームを終了し、再度その章をやり直すことをオススメする。

余談:実績がよりゲーマーの特性を表すようになるとか

Choke Point | Microsoft、やり込み系ゲーマー向けに実績を刷新へ

興味深い試み。

そもそも、特定作品(のマルチプレイ)を熱心に遊び続けるプレイヤーにとっては実績スコアなど興味の無いようにも思えるが、優れたゲームの腕前がプロフィールとして表示されるのは嬉しいはず。

ゲーム自体はPS3からPS4へ世代が変わるにつれて大きく進化したのに対し、トロフィー周りは旧態依然に感じるので、ソニー側も何らかのサービスや改善を施してほしいもの。

Tearaway PlayStation 4

Tearaway PlayStation 4

広告を非表示にする