GAMELiFE 365

まいにちコントローラーを握りたいゲーマーのプレイログ

『CoD WW2』プライベートベータを遊んでみて

開催中の『CoD WW2』のプライベートベータへ参加。

海外では予約者対象の “プライベート” ベータらしいが、日本ではSIEの計らいにより参加制限の無いオープンベータ状態なので、気軽に参加できた。

プライベートベータを遊んでみて

オーソドックスな操作感のCoDへ回帰

今作は時代設定が第2次世界大戦ということもあり、ブーストジャンプや壁走りなどのアクションが廃止され、操作感は『Ghosts』以前の平面的な動きへと回帰している。

個人的に『AW』から昨年の『IW』まで3作(3年)続いたSF調のCoDには馴染めなかったので、今作を触ってみてオーソドックスなスタイルの方が肌に合っていることを実感。

全体的な雰囲気も最新作でありながら旧き安心感を感じられ、近年はシリーズから遠ざかっていたプレイヤーでも違和感なく適応できるものと思われる。

ただ、コントローラーのボタンレイアウトで右スティックにしゃがみを割り当てられなくなったことで、他ゲーも含めて「右スティック(R3)=しゃがみ、〇ボタン=近接攻撃」でプレイしている身としてややプレイし辛くなったのは不満点として挙げたい。

相変わらずのCoDらしい撃ち合い

ヘルスが低く、早いペースで撃ち合いの決着がつくのはCoDの面白さではあるが、相変わらず謎の当たり判定も多い。

この3年ほど熱中していた『Destiny』のように、キャラクターヘルスが高く先に撃たれてもエイム力で対抗できるようなFPSならまだ何とかいけそうだが、CoDのように瞬間的な操作の正確性や判断力を求められる展開は年齢的にだいぶ辛くなってきた感(笑)

オブジェクトベースのWarモードは面白いが…

フェーズ毎に勝利条件の変化するミニストーリー的なモード「War」は、用意されたシチュエーションと「防衛・侵攻」の概念が分かりやすく組み合わされていて、『CoD』のマルチプレイとしては新鮮な体験だった。

だが、既に同種のモードを搭載している昨年の『BF1』のように広大なマップや役割差の明確な戦闘はなく、環境変化の無いことでルートも限定的なため、戦況のバリエーションはそう多くはないかもしれない。

せめて、過去シリーズのグランドウォーくらいの規模であれば、また印象が違うゲームモードになっていたように感じる。

ベータ総評

本ベータをプレイする前はドハマりしていた頃のCoDを感じることができそうなので期待していたのだが、改めてハイペースな “倒し倒され”の感覚を味わってみると「もうCoDの “ノリ” にはついていけないかな…」というのが正直な感想。

これまでは「近年のSFなCoDが合わなかっただけ」と思っていたのだけれど、クラシックな作風を取り戻した本作をプレイしても尚倦怠感のようなものが拭えないのは、シリーズ自体に飽きを感じている証拠なのかもしれない。

今後もシリーズがどのような作品となるのかは興味があるし、来年以降に新作のベータテスト等があれば参加してみたいとは思うものの、残念ながらひたすらプレステージを回すほどのモチベーションはもう湧いてこない気がする。


ということで、製品版の購入は見送ることにするけれど、久々の「地に足のついたCoD」はやっぱり面白いので、来週まで続く本ベータにはもう少し楽しませてもらうつもり。

【PS4】コール オブ デューティ ワールドウォーII

【PS4】コール オブ デューティ ワールドウォーII


余談:不穏な予感のするローンチ後のガチャアイテム

fpsjp.net

近作の前例を見るに、外観変更アイテムにとどまる訳はないような…。

個人的にCoDへの興味が薄れきた要因のひとつとして、あこぎなDLC販売+ガチャの存在は間違いなくある。

広告を非表示にする