【トロコン】ザ・アサインメント【DLC】

サイコブレイク』のDLC『ザ・アサインメント』のトロフィーをコンプリート。

『ザ・アサインメント』トロフィー感想

本編「AKUMU」踏破後なので、難しいと感じるトロフィーは特になし。

周囲が文字通り真っ暗になる「KURAYAMI」モードも、本編のような即死ギミックや難易度変化による敵・罠の追加配置は無いため、攻略ルートさえ頭に入れておけば大丈夫。

『ザ・アサインメント』トロフィーTips

とばっちり


キャダバーを利用して、ホーンテッドを抱きかかえる攻撃で倒す(Ch.2)

瓶を投げて音を出し、ホーンテッドとキャダバー双方を接近させるとキャダバーがホーンテッドに組み付いて爆散する。キャダバーのいる建物内部に瓶を投げると、手前のホーンテッドが反応しないため、ホーンテッドが建物寄りに巡回した時に建物入口付近へ瓶を投げるとお互い反応する。

なお、同マップ手前のホーンテッド3体はトラップでまとめて処理しておかないと、瓶を投げるタイミングを窺っている際に気付かれて面倒なことになる。

光る目


THE ASSIGNMENTのKURAYAMIモードをクリアする

通常難易度(Survival)をクリアするとプレイ可能。

下記画像の通り、フラッシュライトを付けていても視界は悪く、ライトを消すとほぼ何も見えない。(ゲームオプションの明度を最大にしても意味がない。)


↑フラッシュライト ON


↑フラッシュライト OFF

とにかく敵との距離感が掴めず、オブジェクトの位置も分かりにいので、事前のルート/ギミック/敵配置把握は必要ではあるが、本モードは “ただ暗いだけ” で難易度自体はSurvivalと同等なため、そこまで恐れるものではない。

『ザ・アサインメント』クリア後感想

プレイアブルな主人公がセバスチャンからキッドへと変わり、カバーステルス主体のゲームプレイは本編よりも緊張感がある。

DLCの主旨が本編内で描かれなかったキッドの行動(ストーリー)を補完するものであるためアクションパートは少ないものの、ライトウーマンとの隠れんぼや狂気的なジョセフ戦は印象に残り、本作のキャラクターや世界観が好みであればなかなか楽しめるものになっている。

ただ、私は格安セールの際に本作のDLC群を購入していたので不満はないが、本来の販売価格が1,000円であることを考えると、プレイボリュームが1.5~2時間(しかも、本編のように周回特典もないためリプレイ性も低い)というのは少々割高な気も。