【レビュー】バトルフィールド4(PS4)

【レビュー時のプレイ時間】45h

<総合評価> 4.2 / 5

独創性 映像性 音楽性 操作性 熱中度
4 5 4 4 4 各/5点中
良い点 +

【キャンペーン】

  • 分隊での行動にフォーカスしており、共に行動するメンバーとの会話が多くキャラクターの個性が感じられる。CoDと比べると人間臭い人物描写なので、シングルプレイながら仲間との連帯感を感じられる。
  • 好きな武器やガジェットを携行することができるので、自分のプレイスタイルに合った方法でキャンペーンを進めることができる。

マルチプレイ

  • 今世代機のスペックにおいて実現した64人対戦の迫力に圧倒される。広大なマップを戦車や装甲車が走り回り、上空にはドッグファイトを繰り広げる戦闘機の姿を見た時は「まさに戦場だ!」と感動したほど。フロストバイト3エンジンのパワーによるリアルな光源や倒壊する建物も緊張感あるゲームプレイを演出してくれる。
  • 武器のカスタマイズの幅が広く、兵科や装備との組み合わせを試行錯誤するのは楽しい。また、銃のリコイルや集弾性はCoDよりもシビアに感じられ、中距離以遠ではより正確なエイムやタップ撃ちが必要となるため、敵を倒した時の達成感も一入。蘇生や回復の存在のおかげで、1キル・1デスの重みを実感できるのも良し。
  • クイックマッチの他、自分で入りたいサーバーを選べるのは親切。
  • 武器のアタッチメントや迷彩が手に入るバトルパックの要素は、長く同じ武器を使い続けるモチベーションにもなるし、何より開けるときの楽しみがあって面白い。けれども、これを有償ガチャでも買えるようにしてしまったEAのセンスはいただけない。
悪い点 -

【キャンペーン】

  • エンディングがあっさりしすぎ。もう一幕あるのかと思いきや、おもむろにスタッフロールが流れ出した時には戸惑った。分岐エンディングのどれもが淡々としすぎていて、余韻すら残らないラストはとても残念。

マルチプレイ

  • どのルールでもチーム間での戦力バランスに著しく差が出る場合が多いように思う。押し込まれるとリスポン即デスのシチュエーションが起こり易く、戦況を立て直すことも難しい。CoDのような低いヘルスや強力なキルストリークがあれば単騎でも打開できるかもしれないが、チームワークが重視される本シリーズにおいては野良とPTの戦力差はいかんともし難い。
  • 相打ちや遮蔽物に隠れたと思っても撃たれて死亡するシーンが目立つ。CoDシリーズにも増して、こちらが先に撃ち始めたのにも関わらず相手が発射レートの高い武器を使っていると高確率で撃ち負ける(相打ちになる)のは納得いかない。これでは銃器のバリエーションの割に使用武器が偏向するのも頷ける。なんだかPS2時代のMGOを思い出した。
  • マッチ中の切断はほとんど無かったものの、断続的にバトルログ等の戦績周辺の取得が途絶えるのが気になる。


総評

初のBFということで、最初はCoDとのプレイスタイルの違いに困惑しながらも、「サーをつけろ」のトロフィーを獲得する頃には大分馴染んできた。ただ、乗り物を駆使しした大規模な戦闘はお祭り騒ぎのようで賑やかだが、個人的には歩兵のみのシンプルなFPSの方が好みにあっているみたい(Titanfallは遊んでみたい)。

ジャンルは違えど、よりゲーム的な爽快感を求めた『ウイイレ』とリアル志向だった『FIFA』の方向性の相違の様に、同じシュータージャンルの中でも効果的な棲み分けを今世代でも続けていってほしい。

広告を非表示にする